FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page » Next
2020-09-06 (Sun)

以前「都市を読む」を書いて下さっていた山中多美子先生(晨同人 円座同人)から、8月号の感想を頂きました。

都市8月号感想       山中多美子八月号の扉を飾る作品は藤原龍一郎氏の短歌で意表を突かれました。鑑賞に重みがありました。主宰の句で特に気に入りました句は                            栗の花筑波は遠く見ゆる山      焼岩魚待つ間の水のうまきこと      瀬音消さぬほどの音楽冷し酒   漁具置きし小さき蚕豆畑かな また...

… 続きを読む

都市8月号感想       山中多美子

八月号の扉を飾る作品は藤原龍一郎氏の短歌で
意表を突かれました。鑑賞に重みがありました。
主宰の句で特に気に入りました句は

                           DSCF4199.JPみず


栗の花筑波は遠く見ゆる山
     
焼岩魚待つ間の水のうまきこと
     
瀬音消さぬほどの音楽冷し酒  

漁具置きし小さき蚕豆畑かな


また今号は、何といっても北杜青氏の句集『忝』の特集が
良かったです。やはり日ごろ句会を共にしておられる
方々の鑑賞は深いと思いました。
三森梢さんの、青さんマジックという喩えは良いですね。

           寒林

     
寒星へ木々は枝間を開きけり  北杜青 
 
 夕紀さんの佐藤鬼房の『夜の崖』を読むの論考にも
驚きました。時代が違うのによく調べられて、時代背景の中
俳句界の動きを検証されていると思いました。
  
          
     戦あるかと幼な言葉の息白し      佐藤鬼房
     
     齢来て娶るや寒き夜の崖        佐藤鬼房


秋澤夏斗氏や鈴木ちひろ氏の『夜の崖』を読むも
簡潔にして、要所をとらえてあり心に染みました。
 
 八月号の好きな作品です。
 

散る桜
                                 


   鮎跳ねし水輪しばらく流れけり      渡辺純
   
   母の日やどちらさまかと母が問ふ    横山千砂
   
   見上ぐればあの日に誘ふ桜かな     酒匂了太
   
   修司忌や次に進めぬパスワード     田中聖羅
   
   コメディアン死して柳絮を飛ばしたる   樋口冬青 
   
   散る花にバス停ふたつ歩きけり     吉良唯
   
   まんさくの丘へ押し上げ母の腰     大塚わか子
   
   アーモンド咲いて島の子入学す     三森梢                                  

以上

(都市編集部・ブログ編集部より)

都市の会員のみなさんもこのように、自分の結社を知るため、
俳句界の現状を知る上にも
都市誌の全体を
しっかり読むようにしましょう。
  
スポンサーサイト



2020-08-22 (Sat)

涼野海音さんが、「都市」8月号の句をブログに載せてくださいました。

               都市2020,8月号より       城跡のいまは里山栗の花      中西夕紀                                                                       水の香にほのと火の香や夏料理      渡辺純         桜蘂降る朝方の小さき葬          岩原真咲      春惜しむ寄木の箱にハーモニカ...

… 続きを読む

   
            都市2020,8月号より
   
    城跡のいまは里山栗の花      中西夕紀
    
                           
                                    田舎


    水の香にほのと火の香や夏料理      渡辺純
  
   夏料理


    桜蘂降る朝方の小さき葬          岩原真咲
  
    春惜しむ寄木の箱にハーモニカ      三森梢
 
    蜻蛉飛ぶ故郷に似たる停留所       金子菜園
  
    風光る白衣の胸のボールペン       菅野れい
  
    眉描かず過ごす数日あやめ咲く      吉良唯
                                                                                                    

                                       眉



         涼野海音(すずのうみね)さんのプロフィール

         昭和56年生まれ、高松市在住、
         北斗賞、星野立子新人賞、俳句四季新人賞、村上鬼城賞受賞
         「晨」同人。俳人協会会員。超結社句会「木の芽句会」幹事。
         「灯台句会」代表。
2020-08-03 (Mon)

早速、7月出版の主宰の句集「くれなゐ」の     1句鑑賞です!!!

        中西夕紀第4句集『くれなゐ』一句鑑賞       森有也     ばらばらにゐてみんなゐる大花野 中西夕紀                                   都市のみんなが待ち望んでいた中西夕紀主宰の第4句集が出た。句集『くれなゐ』を頂いた時、その深みのある「くれなゐ」色の帯封に掲句を見つけて、たちまちあの高峰高原の花野が思い出された。  句集「あとがき」にもある...

… 続きを読む

        中西夕紀第4句集『くれなゐ』一句鑑賞       森有也

     ばらばらにゐてみんなゐる大花野 中西夕紀
 
        
                 花野
        
 都市のみんなが待ち望んでいた中西夕紀主宰の第4句集が出た。
句集『くれなゐ』を頂いた時、その深みのある「くれなゐ」色の
帯封に掲句を見つけて、たちまちあの高峰高原の花野が思い出された。
 
 句集「あとがき」にもある通り、超結社俳句大会の「こもろ日盛俳句会」の
最終日に行われる「高峰高原吟行」の際に詠まれたものである。
主宰はこの十年、日盛句会の選者として参加されているので、
都市の仲間も同道することが多い。
 
 さて、掲句は「ばらばら」という言葉が花野の広さを表している。
俳句を作ろうとして呻吟する人たちが大きな花野の中に点在しているのである。
そこに「ばらばら」という言葉と反対イメージの「みんなゐる」が置かれたのである。
これは読む人にとっては一瞬裏切られたような感覚に陥る。
しかし、この言葉は読み返せば読み返すほど、人に対するあたたかい愛情を
感じさせる。

                                       木と子

 
 この句が詠まれた現場にいた私たちからみれば、「みんな」は都市の仲間と
思いたい。主宰の弟子たちに対するあたたかい愛情だと理解したい。
しかし、この句が作られた場と関係のない人たちに繰り返し読まれ
鑑賞されていくうちに、「みんな」は「人間みんな」というように
解釈され鑑賞されてゆくに違いない。この句には人に対するあたたかさが
にじみ出ているからである。そうすることによって、この句は人間に対する
愛情に満ちた句として、普遍的価値を持ち始めるに違いない。

                                   蓮

 
 最後に、この短文の価値をおとしめるため、同じ場にいて詠んだ弟子の
一句を紹介する。
      
       一本の木あれば集ふお花畑    有也

            木とはな


主宰ののびのびとした俳句、熱心な指導にもかかわらず、
この不肖の弟子は縮こまった小さな俳句を脱することが出来ない。
2020-07-08 (Wed)

雨の中の吟行でした!

        7 月都市吟行句会記       星野佐紀       2 月以来 5 ケ月振りとなる都市吟行句会がさる 7 月 4 日(土)に行われた。参加者は、 中西夕紀主宰・秋澤夏斗・安藤風林・大木満里・北杜 青・島田遊妹・城中 良・菅野れい・ 高橋 亘・中島晴生・なかむらその・森 有也・盛田恵未・横山千砂・星野佐紀の 15 名。  当番は、秋澤夏斗・中島晴生・横山千砂の 3 氏。 町田駅に午前 10 時集合。路線バスにて薬...

… 続きを読む

        7 月都市吟行句会記       星野佐紀 

     雫


 2 月以来 5 ケ月振りとなる都市吟行句会がさる 7 月 4 日(土)に行われた。
参加者は、 中西夕紀主宰・秋澤夏斗・安藤風林・大木満里・
北杜 青・島田遊妹・城中 良・菅野れい・ 高橋 亘・中島晴生・
なかむらその・森 有也・盛田恵未・横山千砂・星野佐紀の 15 名。
 当番は、秋澤夏斗・中島晴生・横山千砂の 3 氏。
町田駅に午前 10 時集合。路線バスにて薬師池公園へ。
近くに住む私は車で現地へ。

 「おはようございます!」結社の人と久しぶりに交わす朝の挨拶。
「今日の参加は何人ですか?」と、先ずお聞きする。
15人と知り参加者全員が句会に参加できる・・・とほっとする。
うしろより朝のあいさつ梅雨の蝶
もう既に、町田駅やバスの中で久しぶりの挨拶や会話が
弾んでいたに違いない。そんな様子が窺える和やかな雰囲気の中で、
中西主宰からのご挨拶。「今日は7句出句です。久しぶりの吟行ですね。 
初めての場所ではないので、それぞれ自由に回って頑張りましょう!」
 
 前回来園したときは、 確か菖蒲が満開できれいだった・・・と
菖蒲田へ向かう。菖蒲田に沿う崖側の小道に紫陽花が遠目にも
見事に咲き続いている。あの道を水車の方へ行ってみよう。
紫陽花を間近に見てみよう。大好きな紺と白の額の花。真っ白を始め
青紫・赤紫系統の濃紫陽花。そっと毬を上から掌で包んでみる。
ひやっとする冷たさが心地よい。

                                   額の花

 
 右手の菖蒲田は、葉が伸び切り7月に入ったのだから、
当然菖蒲の花はもう終わりだ。「残っている花があるんじゃない?」と、ひとり言。
菖蒲田を見詰めながらゆっくり歩く。葉の間に何か白いものが
見えるような気がして近づく。柵から乗り出すようにして覗く。
ビニールの袋が葉の間に乗っかっているのかな・・・。
いや違う!あれは菖蒲の花だ!
白菖蒲だ!「やったぁ!」これで1句作らねば・・・。
      
      ただひとつ咲きて雨中の白菖蒲 
 
 古民家の縁側で一休みし薬師茶屋の裏手にある小さな池を見てから、
小流れに沿う滑り易くなっている石段を注意深く上る。
段が緩やかになったところに、白い落花があるのに気付く。
雨で形が崩れ、色も薄汚れている。幹を見るとすべすべしている。
花を見ると夏椿か、沙羅か。
こんなところにあったなんて・・・。 これも句材になるかな。
 
      水音に沿うてのぼれば沙羅の花 

                         さらそうじゅ

 
 雨が止んだ。傘をたたんでリュックへ。ふと見上げた空を雲が
結構な速さで流れていく。流れゆく雲もそれなりの濃淡があるのだが、
ところどころ雲の間が薄明るくなっている。
その明るい部分を見つけた時、自分の心も晴れていくようで嬉しかった。
 
      梅雨雲の流れにうすき穴のあり
 
 二軒目の古民家の軒先には、大きな禅師丸という種類の柿の木がある。
青柿が落ちて雨で泥と化した地面にめり込んでいる。
青柿の存在を確かめようと近くへ行って見上げた。
見上げているうちに私の靴も青柿と一緒に泥にはまってしまったのだ。
句にできるかな。

      青柿の泥の窪みにはまりをり 
 
 約2時間の園内吟行と昼食を終え、バスで町田に戻り中央公民館で句会。
披講者に自句を読み上げられた時の嬉しさ、ときめき。
15人の中の1人として、俳句は座の文芸であることを
改めて実感した一日だった。
2020-06-20 (Sat)

青さんの第1句集「恭」を、編集男子の最後は、わるさんに語っていただきます。

         句集「忝」 北杜青 三句鑑賞                         吉川わる                     草の実や片方動く牛の耳  北杜青牛の耳が片方動いているという句であるが、顔も体も静止しているからこそ、耳に目が行ったのだろう。穂なのか、莢なのか、草の実は風に揺れているのかも知れないが、...

… 続きを読む

         句集「忝」 北杜青 三句鑑賞
                        吉川わる

          
           草の実や片方動く牛の耳  北杜青

牛の耳が片方動いているという句であるが、顔も体も
静止しているからこそ、耳に目が行ったのだろう。
穂なのか、莢なのか、草の実は風に揺れているのかも
知れないが、大きな景の中で時間は止まって
しまったようだ。牛の視線の先には作者がおり、
目を見開いてやはり静止しているのである。
牛がまた草を食み出すと時間は流れ出し、
作者も解放される。そこに、さっきまでの景はなく、
永遠に帰ってこない。

                      ツーシューズ


          七夕の雨古着屋のトウシューズ  青

取り合わせの句またがりであり、「七夕の雨」と
「古着屋のトウシューズ」が同列に並べられている。
どちらも時の流れを感じる。どちらも少し哀しい。
しかし、七夕は中国の話で、バレエは西洋が起源だ。
でも、トウシューズはどこか纏足に似ている。
何より、どちらも人の息遣いを感じる。


          食券の儚く並ぶ立夏かな 青

                                       ラーメン



子どものころ、食券は華やかな存在だった。
デパートの食堂に席を見つけると、店員が半券を置いていく。
料理がくるまでの間、ちらちら見てもけっして動じず、
威厳をもって、そこにあった。掲句の食券は牛丼屋の
カウンターにでも並べられているのだろう、
薄っぺらくて、エアコンの風に飛んでしまいそうである。
今日から夏だそうだが、わくわくすることはもうない。
[serene_resp2c-l] Template Designed:*Essence
Material:web material *Essence