FC2ブログ

「最近の記事」

七月の吟行は、藤沢宿でした!!

2018/08/07         

         7月の 藤沢宿・遊行寺吟行記                                                    原悠歩  藤沢宿は東海道の江戸日本橋から6番目の宿場。ここは大山道・江の島道・八王子道・鎌倉道・厚木道・東海道と多くの道が集まる場所で流通の中心地となっていた。そのうえ遊行寺や江島神社といった名所・旧跡もあり、当時の繁栄ぶりは描かれた浮世絵によって偲...

現代俳句勉強会には、平日なので不参加のわるさんが、後藤比奈夫の句を鑑賞しています。

2018/07/23         

        後藤比奈夫の俳句                       吉川わる       雨の中訪ね來し家の水中花   最近心がけているのは、助走のない句である。と言ってもわかりにくいが、前提とか条件のない句のことだ。前提があると作為的になってし...

「泉の森」という名前に、ふさわしい句を紹介してます!!!

2018/07/06         

       泉の森吟行報告                                                                                                             臼井 走 梅雨晴れ間の一日、自然豊かな緑濃い、そして水豊かな泉の森吟行は30名210句の大吟行となりました。月並みですが季語を中心に吟行を振り返ってみたい...

今回も関山さんが、主宰の句を読み解いてくださいました!!

2018/06/22         

中西夕紀の句鑑賞  「都市」六月号より                 関山恵一(春野・丘の風 所属)     涅槃図の中に潜める絵師の顔  ほとんどの寺院に掲げられている涅槃...

久しぶりに燐さんが書いています!

2018/06/11         

              都市の1句(43)                         本多燐           枯木道行き着くところ版画展      安藤風林  この枯木道は真っすぐなのか曲がりくねっているのか、いずれにしろ距離があることを想起させるのは、行き着くところという表現による。そして行き着くところにある版画展が銅版画、例えばエッチングのいろいろの黒を使った小品の展観を想起させる...