fc2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。
Top Page › Category - 未分類

今年初めての吟行です。

Aグループ2月「県立座間谷戸山公園」吟行記      長岡あゆ 当日は朝から晴れ上がり気持ちの良い一日となりました。座間谷戸山公園の吟行には16名が参加しました。座間駅から徒歩約10分、公園の長屋門を入ると長閑な風景が広がりました。                                  先生から、「今日は節分、季節の変わり目です。花や木など出会ったものを新鮮な目で自分らしく表現すること」との...

涼野海音さんのブログです。

      涼野海音の俳句部屋           海音の読書録と日記    記事一覧    「都市 2021年 8月号」を読む             2021/08/11 20:03                                                   はぶを打つ棒持たさるる登山口 中西夕紀       雨の香をとど...

9月の吟行記です!

       東高根森林公園吟行記        菅野れい  今回の吟行は参加者15名という少ない人数で行われました。句会場に人数制限のあることを事前にお知らせしてあったせいで、参加を遠慮された方もいらしたと聞きます。係としては心苦しい限りです。せめて本稿で、吟行の一端を味わっていただければ…と思います。 しとしとと雨がそぼ降る中、一行は10時少し前に東高根森林公園パークセンター前に到着しました。そ...

満里さんによる、青さんの第一句集「恭」の句集評です。

  穏やかなる詩情『恭(かたじけな)』(北杜青著)   大木満里 北杜青さんが第一句集『恭(かたじけな)』を上梓された。句集の全句を一読した後、読みかえした印象的な文章がある。2014年6月号「都市」誌上「俳句は人生だー福永耕二小論」に於いて「(前略)特別な才能がなくても、全国を放浪しなくても、俳句という表現形式を人生の等価のものとして愛し、日々誠実に生きることによって俳句形式からの恩寵を受けることが...

10月の吟行記です。

    10月ぼうさいの丘公園吟行    坂本遊美ぼうさいの丘公園は初めてだった。本厚木駅からバスで農大前の終点で降りる。眼下に里山の家や畑が秋の日差しに輝いている。その奥に連山があり大山の樹々がはっきり見える。見晴らしのいい高台は、気持ちがいい。先生の「今日は、子供や若い人を観察して作りましょう」「6句出し。10句以上作る事」の目標を胸に歩き出した。6月の等々力渓谷吟行では、「切れ端でもいいから材料...