FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

現代俳句勉強会で、詳しく芥川龍之介を論じてくださった、聖羅さんによる1句鑑賞です。

Posted by レオフェイ on   0  0

    芥川龍之介 一句             田中 聖羅

          蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな

東京が寒波に沈んだ日、銀座の「カフェーパウリスタ」で一杯の
ブラジルコーヒーを味わった。コーヒー好きな芥川龍之介が菊池寛と
よく待ち合わせをしたという店である。
「寒さかな」、「寒波来る」等々、季語を頭によぎらせていて、ふと、
芥川の夏の一句が、思い返された。

                 RIMG0012.jpg
      

大正7年8月の「ホトトギス」雑詠欄の巻頭頁の二人目に
鉄条〔ぜんまい〕に似て蝶の舌暑さかな   鎌倉 我鬼
が掲載されると、たちまち、飯田蛇笏が、「無名の俳人によって力作
さるる逸品」と称賛した。このとき、蛇笏は、「鎌倉 我鬼」が芥川
とはまだ知らなかったのである。このことが縁となり、芥川と蛇笏の
交流が生まれた。この句は後に、
蝶の舌ゼンマイに似る暑さかな
と改められた。

一方、大正6年に第1詩集『月に吠える』を刊行した萩原朔太郎の
この句への評価は、手厳しいものであった。
「この句は、ゼンマイに似ているといふ目付け所が山であり、比喩の
奇警にして観察の細かいところに作者の味噌があるのだろうが、結果
はそれだけの機智であって、本質的に何の俳味も詩情もない、単なる
才気だけの作品である・・・」と決め付けた。

あこがれの朔太郎ではあるが、小説家の俳句をなかなか認めようとし
なかった嫌いがある。蝶の舌をゼンマイに喩えたことを、単に才気だ
けの機智と捉えたのだろうが、しかし、しかしである。
この句には、「暑さかな」という大きな季語があることを、朔太郎は
見逃したのではないだろうか。暑さにあえぎながら生き抜こうと必死
の蝶の舌なのである。芥川自身が、「暑さ」に非常に弱かったことが
わかっている。

                           123.jpg


時代の流れもあり、近頃は「季語」に関しいろいろな動きがあるよう
である。結局、店では何もひらめかず凍てた街へ出た。一句での語彙
や内容を包み込む季語の大きさや、深さを肝に銘じたい・・というより
肝に感じたいと思いながら・・・。

スポンサーサイト

「春野」の同人関山恵一氏が、主宰の句を鑑賞してくださいました!!

Posted by レオフェイ on   0  0

      「都市」六月号  中西夕紀作品鑑賞  

                      「春野」同人  関山 恵一

    花替えて山の湿りの花御堂
 
 灌仏会に花で飾った小さな御堂に釈尊を安置する花御堂、
飾った花が時間がたってややしおれて来たので、新しい花に替える.
御堂の背負う山から湿った風が下りてくる。「湿り」は作者の釈尊への
しっとりとした気持ちの表れとも伺える。

               IMG_0299.jpg


   花まつり異国の僧の膚見せて
 
 これも灌仏会での句。
最近は日本の寺で修行するタイ・インドなどからの僧侶が増えてきている。
僧衣からはみ出す肌の色が美しい僧侶、おそらくそうした異国からの
修行僧であろう。いかにも健康そうな褐色の肌が艶っぽい。
思わず見入ってしまう作者。

    思ひの去ればまた囀りの日の光  
 
 悩みかも知れない、何となく心に引っかかるものをを抱えた作者。
それが何かのきっかけでふっと消えた時、それまで気付かなかった
囀りが耳に入ってくる。こんなに激しく囀っていたのか・・と
われに返った気がする作者。

        DSCF6865.jpg



    雨の竹つかめば山の霞みをり 
 
 鎌倉の竹の寺かもしれない。訪れた時降っていた雨もあがり、
明るくなってきた。「春もすっかり深まったなあ」手近にある竹を掴んで
見上げる向こうの山は霞がかかって翠黛に。ハッとするほど美しい景にしばし佇む作者。

     わが修羅をわれの貪る朝寝かな

  美しい作者の裡にある修羅とはどんなものであろうかと気になる。
やはり五七五と詩と格闘していたのであろう。夜遅くまで句作に励み、
格闘していた作者の朝はひどく眠い、「貪る」の措辞に格闘のすさまじさと、
疲れ切って春眠を続ける作者の姿が浮かんでくる。

都市1泊吟行記です。まずは、1日目(22日)です。

Posted by レオフェイ on   0  0

柿田川湧水・江川邸から反射炉へ 
                 盛田恵未                         
                 
都市」の一泊吟行は総勢27名の参加で一路三島へ。
バスの窓からは新緑がモザイクのように美しい濃淡を見せ、
時折遅い桜が花弁を散らしていました。

            DSCF6121.jpg


バスは柿田川湧水地へ。富士山の雪解け水が伏流水となって
柿田川が生まれています。水量は一日100万t。
緑の谷戸に鶯の声が出迎えてくれました。
流れに沿ってセリが繁茂し、虫・蝶・鳥・草木が
生き生きと育まれていました。

湧水地を守るボランティアが多数水の中に入り、
繁茂する外来種の水草を刈り取る作業をしていました。
このような影の努力があってこそ、柿田川湧水の美しい景観が
守られているのだと皆感じ入りました。

お昼は名産の桜海老のかき揚げ入り天ざるを堪能。
バスは伊豆の国市の江川邸へ。
清和源氏の流れを汲む江川邸。
現在の当主は42代になり、約850年続く名家です。
主屋、蔵、門、塀、古文書が重要文化財です。
主屋の土間は50坪あり天井板のない屋根裏の小屋組みに
日蓮上人直筆の曼陀羅が棟札として納められています。

            DSCF6249.jpg


家康に仕え代官として統治し、36代の英龍は
幕末動乱期に鉄砲鋳造のために反射炉を建設しました。
また、兵糧非常食としてパンに着目し、
日本で初めてパンを作った人でもあります。
広大な屋敷に竹林を縫ってさわやかな風が
吹いていました。

            DSCF6306.jpg


続いて韮山反射炉へ。日本で唯一稼働実績のある大砲鋳造のための溶炉は、
ユネスコ世界遺産に登録されました。反射炉の向かいに目をやると、
茶畑で茶摘みをする人々が。のどかな光景にほっとする思いもつかの間、
夕食前の句会に、バスの中の空気は一変。皆作句に集中し、
静かな炎が燃え上がっていました。

           DSCF6333.jpg


  1日目の句会の特選句のみ記載しておきます。

   青梅や座敷に風の通り道     なかむらその

    カノン砲蟻の隊列動きをり    杉本奈津子

   目を射るは砲の返せし春日かな  高橋 亘
  
    水五訓守り継ぐべし水草生ふ   樋口冬青

    豆腐屋のアイスクリーム大豆の香 なかむらその

    反射炉の上まで届け蔦若葉    秋澤夏斗
  
    若楓シャワーの如く吾を包み   杉本奈津子

四月の1泊吟行2日目(23日)の吟行記です。

Posted by レオフェイ on   0  0

    平成29年4月23日一泊吟行 2日目   
                             岩原真咲

吟行2日目、4時過ぎに目覚める。
屋上の露天風呂に直行、すでに先客があり
ゆったりと湯に温まる。山間に朝凪の少し霞んだ海に
浮かぶように平らな初島の姿が見える。
長湯したいがそうゆっくりはできない。
9時前には2回目の句会が始まるのだ。

                   DSCF6342.jpg


少しでも句材料があればと、早々に宿舎の裏山へ
登ってみることになり何人かずつ急な坂を
ぞろぞろと登る。昨夜の雨のせいで足元が悪く
トラクターの深い轍にはまりそうになる。
途中いくつかのがっしりした猪罠を見かける。
このあたりの人里まで猪が下りてくるのだろうか。
 
朝食後、2回目の句会が5句出しで始まる。
早朝の裏山の句、昨日訪れた柿田川湧水、
韮山の反射炉、江川邸の句など多彩な句が打ち揃い、
いつもながらの緊張した3時間が流れる。
11時半ごろ句会は無事に終了、皆さんに
柔らかい表情が戻る。

                        DSCF6128.jpg


さあ沼津へと出発だ。解放感からか車中は賑やかに
お喋りがはずみ楽しい時間が過ぎてゆく。
少々の渋滞もありお昼を過ぎて沼津港の
食堂街お土産物屋さんに到着した。
大勢の人が行列する人気のお店で念願の海鮮丼に
舌鼓を打ち皆大満足したようだ。

               DSCF6366.jpg


食後沼津港へと足を運ぶ。天気に恵まれ海は穏やかで
其処ここに海鳥が固まって浮いていた。鳥に詳しい
奈津子さんに教えていただくが悲しいかな
うまく見分けられない。群には雛も混じって飛び立つ時期を
待っているらしい。ここで一句と思ったが
私にはもはや集中力は残っていなかった。

それぞれお土産も買い車中の人となり
5時過ぎ無事町田へ到着。イベント係りの皆様の
緻密な計画、実行力に総勢26名の一泊吟行が成功したことに
感謝します。 

          当日の特選句
 
   満開の花のごとしや桜えび     砂金 明
  
   撓なるみかんの中に半欠も     井上田鶴
   
   囀りや山端に光る朝の海      鈴木ちひろ
 
   クレソンの青深ければ富士の水   砂金 明
 
   広すぎる部屋にひとりや洗ひ髪   なかむらその>

今年も5人の方が、日盛り句会に参加しました!

Posted by レオフェイ on   0  0

       第8回こもろ・日盛俳句祭
                                 堀場悠歩

今年で8回目という俳句祭に初参加した。
句会で隣り合わせた順子さんに誘われたのがきっかけで、
順子さんは今年で4年連続参加とおっしゃる。
いろいろ教えてくださるので初めてでも心強く、
アドバイスどおり前泊の3泊4日の行程だった。

                    DSCF3337.jpg


1日目
お昼前に小諸到着。
改札を出るとトウモロコシやキュウリなどの新鮮野菜が目に入る、
これらが100円。買いたいのを我慢して観光案内所で資料を集め、
まずはホテルへ。荷物を預けこの北国街道沿いのつるやホテルを中心に
骨董屋、紙屋、ほんまち町屋館、神社仏閣を散策した。
小諸は城下町、そしてこの辺りは宿場や商人の町で蔵が多く
黒っぽい建物に懐かしい赤い丸ポストがアクセントになっていい風情、
しかも「こもろ・日盛俳句祭」の幟もあちらこちらに見かけられ気分は上々、
でも暑い。

2日目
順子さんと合流しマイクロバスでマンズワイン経由で
布引観音のはずが布引温泉止まりでがっかり。
戻って次は虚子記念館へと忙しい。そして午後は別々の句会場へ。
一つの句会場にスタッフ俳人が二三人と聞いたが
「ちくま」会場では本井英氏お一人。簡単な自己紹介のあと緊張の句会が始まった。
いつもの句会と違うのは清記後の印刷がなく、
清記用紙を回覧し良いと思った句をメモしなけらばならないことだ。
いい句ばかりなのにすべてメモして選ぶには時間が足りない。
緊張もあって冷や汗が出る。

句会後は講演会場へ移動し、建物内の喫茶店で有也さん、
夏斗さん、わるさんと出会う。
久保田惇先生のご講演は「子規を読むー句集と歌集を中心に」であったが
途中疲れて居眠りしてしまった。講演後「あーあ面白かった」と追い越していく
派手な頭の人は行方克巳氏だと教えられる。
このあと懇親会へというみなさんと別れホテルへ戻る。

3日目
山城館句会に申し込む。
懐古園を歩くとこの日のスタッフ俳人の背の高い岸本尚毅氏に、
小山敬三美術館では山西雅子氏に出合う。
昼食のお蕎麦屋に入ると中西夕紀主宰がというように
懐古園はスタッフ俳人と俳句祭参加者ばかりの様相。

赤い紐の名札を下げ、蛍光色のA4判の黄色封筒を抱えているので
すぐ分かる。なんとなく仲間意識のようなものが働いて目礼したり、
おしゃべりしたりと弾んだ気分となる。
句会では岸本氏や他の参加者の特選を集めた順子さん、凄いです。

                DSCF3330.jpg


このあとシンポジウム会場へ。
「俳句と地名」のテーマで筑紫磐井氏の司会で始まる。
壇上の俳人は藺草慶子氏、高田正子氏、窪田英治氏などが並ぶ。
地名に凭れがちになるのであまり作らない、と窪田氏。
その土地に敬意を持って作るとは藺草氏。
横沢放川氏は地名を読むのは自分の句でないような気がする、
オリジナリティとしては難しい。対して伊藤伊那男氏は旅吟、
ご当地俳句はどんどん作ればいい、警戒するな、
ただ歴史のある京都の句は作りにくいという。

中西夕紀先生はリズムを大切に、気にしないで作ると
東京を入れた句を披露される。長嶺千晶氏は東京生まれなので
土地に対する執着なしと自句を披露されるなどさまざまな考えがあって
興味深く拝聴した。

その後は懇親会へ。結社・所属を超え俳句の縁で繋がり、
毎年この会を愉しみにしておられるスタッフ俳人、
ボランティア、三重から北海道からと来られた方々の再会を
愉しむ様子を眺めているのも楽しかった。
まことに熱心かつ情熱にあふれていた。

これできょうは終わりと思いきや筑紫磐井氏と北川美美氏、
そして中西先生と今回参加の「都市」のメンバーで会食となった。
古い商家の美味しいという焼き鳥の味は緊張で覚えていないが
熱い俳句の話に耳を大きくしていた私。
このあとホテルまでのぶらぶら歩きは風が気持ちよく
駅はあっちだこっちだと俳諧ならず徘徊のようで楽しく
ホテル到着は11時。

                   DSCF3349.jpg


4日目
高峰高原吟行句会。順子さんの他、有也さん、夏斗さんと偶然一緒となる。
高原に着くや夏斗さんに花の名を教えていただく。
スタッフ俳人は長嶺千晶氏と横沢放川氏。ここでも「都市」の
私以外のメンバーの名のりの多いこと。みなさん好成績で頼もしい。

3日間の句会ではリフレインを効果的に使った句、
同じ言葉も漢字やかな書きによる違いの妙、
五七五の定型でなく七五五の句、句またがりの句なども出句もあった。
どのような句でもよいものは良いのだと思いました。

そして俳壇でご活躍の名のみ知る方や雑誌やテレビで
知っているだけの俳人の方々を近くで見られただけで
弾んだ気持ちになりました。初参加だったためとても刺激に
満ちた俳句祭で、暑さをものともせず俳句に熱く向かう方々の
その姿勢に圧倒されました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。