FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

〜「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。〜
ざぼん句会で実践している、LINE句会の紹介です。 2020.04.03
久しぶりに良さんのショートショートです。 2020.03.09
暖冬の2月の吟行です!! 2020.02.13
イベント部より 2020.01.27
今年の新年会は、早々と5日に開催されました。 2020.01.26

今年の新年会は、早々と5日に開催されました。

     
     都市新年句会に参加して                菅野れい

                 ネズミ



1月5日、お正月気分も抜けない中、都市の新年句会に
参加して参りました。12時を回り、三々五々会場に集まってきた皆さんと
新年のご挨拶。ついこの間お会いしたばかりの方々との改まったご挨拶に、
「やはり新年句会だなあ」と実感。
 
そうこうするうちに会が始まりました。
句会に先立って行われたセレモニーでは、主宰のご挨拶、
北杜青さんによる会計報告の後、青桐賞、都市賞、朝涼賞の発表と表彰、
そして新同人の方々の紹介がありました。受賞された方々、
同人となられた方々のこの一年の、そしてここに至るまでの
長年のご精進が偲ばれ、心からの拍手を送ったことでした。
 
その後しばしの休憩をはさみ、いよいよ句会開始。
受付で渡された投句集には、42人分、計126の新年の句が並んでおり、
まるで新年の季語の例句集のような充実ぶりでした。
(まとめて下さった長谷川積さん、本当にありがとうございました。)
 
最後の講評の中で主宰が「新年の季語で新年になる前に作るという経験は、
とても良かった。新年の季語で集中して作ったこと、季語を先回りして使うということ、
この2点で良い試みだった。」
と言われていましたが、作る(詠む)ことはもとより、読むという点からも
これだけの新年の句を集中して読むことは、大変勉強になりました。
恥ずかしながら不勉強な私などは、「嫁が君」「鷽替」に、
こんな季語があったのか…と驚き、「箸紙」「草石蚕(ちょろぎ)」には、
これも季語だったのか…と気付かされ、「初御空」「初日の出」「初詣」を
はじめとする〝初〟の付く季語を使った句には、こんな使い方、
詠み方もあるのだなあ…と感心するばかりでした。
 
また、季語について学べただけでなく、新年詠というものの意味、
新年詠に込める思いやその詠み方などについても深く考えることのできた、
貴重な経験でした。
 
これだけの素晴らしい機会を企画・設定して下さったイベント係の方々には、
いつものことながら感謝の思いしかありません。
本当にありがとうございました。

 最後に主宰の特選5句を挙げて、終わらせていただきます。
        
                                 稲
 

    外つ国へ時差を睨みつ初電話    酒匂 了太
         
    鶏鳴にも似たり嬰泣くお元日    本多 燐
         
    出刃持ちて父の出で来る鏡割    井手 あやし
    
    味噌と醤油家族ふた手の雑煮膳   小杉 月夜
         
    寝たきりの頬に刷かれし淑気かな  菅野 れい

スポンサーサイト



今年も、夏安居開催です!

              夏安居開催

                          永井詩


都市では当日、漢字をその場で選んで、俳句を7句作るという、
夏安居をやっている。
もう何回目であろうか?パソコンのイベントのファイルを見ると
2014年からの案内があるので、このころには始まっていたと思われる。

嬉しいことに、今回は午前35名、午後32名で合わせて去年より7名の増加だ。
私の存じ上げない方も何人かいらっしゃった。
「初心者句会」や「ざぼん句会」でも、夏安居形式で勉強をしているようなので
おかげさまでじわじわと参加者が増加している。
時間に押されてはいたが、初参加の方だけでも、自己紹介タイムを
設ければとよかったと反省。

私の参加している写真のサークルでも、新しい方の参加は、
新しい風を吹き込んでくれた。マンネリ化した撮り方にも、
少々だれ気味だったサークルの空気にも緊張感を与えてくれたのだった。

                           ゴジラ


今回の夏安居でも新しい方々の参加は、やはりとても刺激になった。
新人の方の句が、とても若々しく感じられたのだ。

夏安居は、7句つくるので、とにかく時間がない、
主宰のご意見では、時間内に沢山作る練習だからとのこと。
面白い句、若々しい句、臨場感のある句と良い句が沢山出た。
しかし、量が多くて選ぶのが大変だ。
イベント係はプリントをする時間もあるので、6枚のプリントの
後半は、飛ばし気味になってしまうのが残念だ。

とは言え、午後はみなさんも、我々係も慣れてきたので、午前のように
時間がのびてしまうことにはならなかった。
ただ、もう少し、投句時間や選句時間を決められた時間内に
終えて頂けたらと思う。

兎に角、この短い時間で終えられたのは、名司会者の夏斗さんあってであった。
深謝深謝である。

席題句会は思いがけない句が作れたり、面白い句が出てきたりして
楽しい。興味を持たれた方は第四火曜日の「藍句会」にいらしてください。
お待ちしております!!!

以下新人の方々の俳句です。

     玻璃隔つ景徳鎮の青涼し       芳

     球根を埋めしあたりに秋の蛇     文月

     炎天や子ら集めをり旅芸人      和

          蓮の水


     芋の葉の水玉の中大宇宙        草心

     火柱の上がりて祭始まりぬ       江

     
                                         祭り


     遠雷に軽き寝返り打つ夜かな      唯

     らしくあれと父の言葉や蛍の夜     糖子


     目覚しの刻める音や夜半の月      積  

      スカート


     気まぐれな君のメールを待つ残暑    景子

深川吟行の当番だった景さんがブログに初挑戦です。

七月吟行記
岡部 景



朝から曇り空の7月6日、深川不動尊で吟行が開催された。
「梅雨という季節感を詠うこと、多くの句を作ること」という主宰の言葉で吟行がスタート。
どんよりした空模様を詠み込むのは難しそうだなあと思いつつ、
駅前から不動尊まで続く商店街を歩きだした。
和菓子屋、料亭、仏具店など、年季の入った店が並ぶ。

漢方舗の戸に病名や梅雨長し 風林

不動明王

深川不動尊は、外壁が黒々と梵字で埋め尽くされているという珍しい建物だった。
梵字の真言で護られているという堂内も拝観したが、不動明王像がやはり魅力的だった。
穢れを焼き尽くす激しい炎には、惹きつけられるものがある。
本物の火を焚く護摩行にも参列した。「一緒に唱えて下さい」と手渡された小さな紙。
そこに書かれた御真言を、最初は恐る恐る、いつの間にやら大声で唱えている自分がいた。
暗い堂内に燃えさかる炎、御真言の唱和、そして突然、お尻に走る衝撃!
思いっきり振りかぶって打ち込んだ僧侶の太鼓が、ズシーンと響いたのだった。
護摩行は想像以上の迫力であった。

火涼し真言声に出してこそ 夕紀

太鼓打つ僧の踏み込む梅雨の闇 有也


深川不動尊の周りを歩いてみると、学校や公園、高速道路など、活発な町の姿があった。
曇り空でも、みな元気に運動を楽しんでいるし、雨に濡れた草木が青々と綺麗だった。
ベンチを見つけてお昼のおにぎりを食べ、慌てて句をまとめて句会場に向かった。

梅雨晴間ここぞとベース並べをり 真咲

夾竹桃テニスコートの乾く音 恵未


句会では、生き生きと鮮やかな句がたくさん出た。
梅雨空の下、かえって生命力や色彩が浮かび上がって見えたのかもしれない、
などと思ったりした。

青蔦の梵字を描くごと伸びて 夏斗



蔦


同人会での句会報告です。

<strong>同人句会報告
             ☆スリル満点の句会でした☆
                                   原 悠歩

 

4月14日(日曜日)午前の同人総会を終え、午後は31人の参加のもと
初めての同人句会がありました。
 
 司会は同人会長の星野佐紀さん。今句会では中西主宰選のほか、
特別選者の城中良さん、桜木七海さん、渡辺純さんからそれぞれ10句の選を
いただくと説明があり、また名乗りはいつものように披講のあとでなく
最後の最後にという。そのうえ、どうして取らなかったのか、
選ばなかったかの感想を遠慮なく言い合うようにといったお話しがあった。
 
 出句は3句なので全部で93句の中から5句を選句。
A3用紙に印刷された句稿は4枚。
披講は砂金明さん、その落ち着いた大きな声に会場は静まり返る。

 選んだ感想まではいつもどおり、そのあと作者が分らないままマイクが回って、
なぜ選ばなかったかを言わなくてはならない。いろいろな感想があった中からたとえば、
「きれいな言葉が多いが中七がぼんやりしている」
「この場合、季語に季感があるか疑問」「句の中の作者はどこにいるのか?」
「(かな)の句はほんとうは途中で切れない」「一句のなかに植物が二つあるとうるさい」
「よくあるモチーフ」「感覚的な句」「ほかに良い句があったので」などがあった。

 佐紀さんの司会のもと、細長い視聴覚室でマイクが滞ることもあり、
最後のほうは時間がなくなり端折ることになってしまった。
いつもより多くの人の意見や感想がでてとても有意義な句会だったが、
そのぶん時間配分が難しかったようだ。
 
選ばなかった評に納得したり、そうなのかとはじめて分ったこともあった。
スリル満点で恐ろしいが、またこういう刺激のある句会もときにはいいのではないかと
思った。

中西主宰選の特選句
          
○靴底の花屑落とし式場へ     高木 光香
          
                               靴


○蝶とゐてタンゴのリズム口遊み  城中 良
          
○熊よけの鈴おくらるる新入生   小林たまご


特別選者3人の選が入った句
          
○花の山空を回して観覧車     杉本奈津子

人気のあった句(12人の選)

               電気

          
○菜飯食う身の広さだけ卓を拭き  永井 詩

オーロラ句会初参加の萌さんの感想です。今回の句集ご入用の方は、亘さんへ。

第八回オーロラ句会に参加して 
                            堤 萌



五月二十一日成瀬駅前市民センターにて第八回「オーロラ句会」十句一塊の
コンクール句会が開かれた。
初めての参加なので選句の仕方などに少し戸惑いを覚えた。
それにしても皆力作が多く、気合が入っている作品ばかり。

一位天、二位地、三位人、という選び方で十句全体で選ぶか、
その中の優れた句を重視するかで迷うことしきり。
結局私の場合は天「古町」 地「中欧の旅」 人「青ぬた」を選んだ。

その中の天「古町」に触れてみる。
並びゐる職人の黙杜鵑草       の「職人の黙」
桔梗や角帯締めて若旦那       の「角帯締めて若旦那」、
つと止まり踊り復習へる乙女かな  の「踊り復習へる」、
落籍されし人を誘ひて踊りの輪    の「落籍されし人を誘ひて」、
目配せをくれて立ち去る芒かな    の「目配せをくれて立ち去る」・・
等々非常に情緒あふれる句でしみじみとした情感が伝わり、
色っぽい艶かしい句であった。

      DSCF9885.jpg


地、「中欧の旅」 フレーズとして好きなところは
雪残る山々囲む塩の街        の「山々囲む塩の街」
モーツアルト生家に淀む余寒かな  の「淀む余寒」
衛兵の瞬き一つ春の月        の「衛兵の瞬き」など。 

人、「青ぬた」食べ物を詠んだ句で十句すべて食品でまとめている。
焼売弁当から始まり、突き出しの独活、青ぬた、馬刺しと酒、味噌田楽、
菜飯、鰆の握り、浅蜊汁、夏みかん、最後に
囀や硬きミントのチョコレート   で締めさすがの十句であった。

              IMG_4118.jpg


そして懇親会は成瀬の和風お食事処「とんでん」で和気藹々と二時間ほどの歓談。
私の隣は大先輩で二人ともアルコールが飲めず静かに話をし、俳句の教えを乞うた。
このオーロラ句会に参加し一塊の十句を詠むという事、関連性物語がある句作りが
大切という事などいろいろ勉強になった。