FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー 「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

桜の季節は、いつも恩田川の吟行です。

2021,4月3日     恩田川吟行記         岩原真咲

今回の吟行地は町田市を流れる桜の名所恩田川周辺と
堂の坂公苑である。吟行で31名が参加した。
成瀬駅から川へ下り陸橋へ着くと導かれるように成瀬城址の
城山公園にはいる。恩田川を眼下に鎌倉街道を見下ろし、
古の町田を彷彿とさせる眺望今回の吟行地は町田市を流れる
桜の名所恩田川周辺と堂の坂公苑である。
今年初めてのが広がる。こぢんまりと、しかし守りの固そうな地形の
城跡で井戸や櫓跡などが再現されている。
大島桜の大木が見事だ。

                                 桜

         

     曲輪跡ふらここ高く漕ぎにけり     桜木七海

一行は適度にばらけて川沿いを弁天橋公園へ向かう。
心配されていた桜もまだ十分に美しく、幹事の方たちもほっとした様子。
  
     鳥


      一川に速き一条花いかだ     中西夕紀

     飛花落花ふらりふらりと道逸れて  菅野れい

弁天橋公園には家族連れの花見客も多く、密にもならず上々の花見気分だ。
釣り池には長閑に糸を垂らす人もいて欅の若葉がまぶしい。
やがて川べりを下り堂の坂公苑へ移動する。
旧家の庭園でよく手入れされゆったりと時を過ごせる雰囲気だ。
そろそろ鷹の一種ツミの営巣が始まるそうでカメラマンの一行も見受けられた。
楓が多く地味だが可憐な花を咲かせているのが美しかった。
31名参加の句会では個性的な186句が披講され充実した句会となった。
以下は、当日の中西主宰の特選句である。
  
     花の塵よろよろ走る子の轍     森有也
  
     両岸を水の捲れる落花かな     北杜青
  
     八重桜隙間の空は百の青      高橋亘
  
     花惜しむベンチに二人づつ座して  三森梢
  
     橋裏の風の冷たき桜かな       北杜青
  
     鼻先に花びらつけて子犬かな     杉本奈津子


                                                    犬

今回の吟行コースは私の毎朝のウォーキングコース、
日頃親しんでいるコースを仲間と歩くのは楽しい事であった。
一日置いての川辺の桜は、花は葉に、花の塵は無残な色と化し、
吟行当日はまこと恵まれた一日だったことである。
吟行当番の方々有り難うございました。

スポンサーサイト



コロナ禍の中、1泊吟行に代わってのバス吟行です。


           埼玉吟行記       三森 梢

12月2日朝8時 総勢24名を載せたバスは 
曇り空の下 町田を出発。北へと向かう車内の
静けさに ついウトウトする。二席を一人で占め
喋らない お菓子を回さない という
「新しい日常」のせいである。

 埼玉古墳群に到着。
早速「さきたま史跡の博物館」に入り 
あの「金錯銘鉄剣」と対面する。銘文の文字は
拙くはあるが 金色に輝いている。そして 
この剣を作った職人は文字を読む事が
出来たのだろうか?示された字を懸命に
真似たのだろうか?等の思いが湧いてくる。

                                埴輪

   
      馬具馬装の金銅冴ゆる展示室        小林 風

古墳群へと向かう。丸墓山古墳の頂上へと 
一直線の段を上る。後ろから「今日は山登りか?」
と言う声が聞こえる。眼下には 築造時の姿を
想わせる前方後円墳が幾つも並んでいる。

古墳


稲荷山古墳の後円部に立つと 剣を傍らにした
被葬者の絵が空を向いている。博物館の学芸員の方
によると 剣の所有者と被葬者は同じ人とは言えない
とのこと。又 副葬品には朝鮮半島由来の物もあるが 
渡来系の人なのかどうかも判らないとのこと。
古代は謎を秘めているからこそ面白い。

      冬草のひかりをまとふ古墳かな         秋澤 夏斗
 
   百穴
                            
          
 
午後は吉見百穴である。山肌に開いた無数の横穴を
覗き込みながら 急段を上る。眼下には川と冬田が
広がり 遥か正面に秩父の山並。不動産屋の
宣伝めくが「日当り良好 眺望絶佳」の墓所である。
それにしても この墓山に葬られた人々は 
どこに住んでいたのだろうか?その子孫は
どうなったのだろか?等と古代に思いが飛んでいく。

   
      
      百穴の太古の闇へ木の葉降る         砂金 明

 帰路につくと 相模川を渡る頃から 車窓に
雨粒が当たり始める。
 
 感染者数が増えてきた時期と重なり イベント係の方達は
どれほど神経を遣った事かと思う。
下見 食事の手配 当日の案内等々細かな配慮を
して頂いたお陰で 私達は多くの俳句の種を得る事が
出来たと思うと 心からの感謝をお送りしたい。
有難うございました。  

11月吟行記

  11月吟行 防災の丘公園            永井詩

                                            雲


今回の吟行は、11月7日で立冬である。風もなく、
時々日差しのある過ごしやすい日であった。参加者は29名。
主宰からは、「俳句を初めて2年たったら、もう初心者ではない。
見たままでなく、しっかり視て自分が言いたいことをとらえて
作句するように」と

農大行きのバスの終点が防災の丘公園だ。
今日はコロナ対策で農大のキャンパスには、入れないことに
馬がお目当てだったので、皆さんがっかり。
去年この地での吟行の遊美さんの
「秋晴や洗う馬の背水走り」が思い出される。

事務所前で解散してそれぞれの方向に向かった。
大山連山が美しい。
私はまず池に向かう。半分は涸れて桜蓼やら秋の麒麟草やら

                           薄

蒲の穂が茫茫と生えていた。
皆さん蒲の穂やら、綿虫に詩心が湧いたようだった。
涸れ池の反対側の池は水が満々で、鯉が泳いでいた。
「そろそろ鯉も動きが悪くなっているわね。」とMさん。
なるほどなるほど。

                                         ピーマン


それから、畑へ行くと冬菜、山芋、ラッキョウ等が植えられ、
秋桜が揺れていた。咲き乱れる芒の横を進むとなんと
立派な茄子の木(?)があり、大きな秋茄子が転がっていた。
隣には芋やオクラが抜かれている。
良き句材がザクザクとあったはずであったが、、、、、

句会では、皆さんとても言葉使いが巧みで大いに反省する。
私は、特に独自の言い回しのある、わるさんの句に惹かれた。
   
     塹壕の崩されてゆく葱畑

     限りなく丸になりたる兎かな


そして最近お仲間になられた、京子さんの句にもひかれた。

     蜘蛛走り取られぬままの冬の瓜

     葱畑叫び叫んで烏二羽


                             冬菜端

気持ちの良い1日を、子供の国で過ごしました。

           10月都市吟行こどもの国        平澤ひなこ

句会場の人数制限緩和を知ったのは実施四日前。
欠席投句を覚悟してくじ引きの用意、講評返送の手配をし、
吟行への誘いも控え目に行った。その上準備に奔走してくれていた当番の一人が参加できなくなり、
急遽遊妹さん、夏斗さんに協力をお願いしていた。

そんな裏事情を吹き飛ばすかのように、当日は秋晴れになった。
参加人数は元気いっぱいの三十二名。場所はこどもの国。
全員マスク姿で挨拶に一瞬の間が空く。
手作りのおしゃれなマスクの人も。マスクに合わせた
秋らしいファッションがきまっている。
 
主宰の「しっかり見てしっかり表現しよう。出句は六句。」
との挨拶の後、正面集合12時20分に決め、
思い思いに広い園内に散る。
 
    ひろびろとただひろびろと秋の庭       良
   
    秋麗芝生広場に咲くテント          積
 

牧場のエリヤでは、牛舎、牧場の牛馬羊や
餌やりの子供たちを観察する。

    緬羊の同じ顔して秋の雲           夏斗    

    こおろぎに牛の尿の容赦なし         夕紀 

白鳥湖のエリヤでは、子供たちがボートや筏に興じている。

               スワン

  
    秋日濃し筏こぐ子の声そろい        梢 

こどもの国の成立ちである弾薬庫跡を十名余りが読む。
「跡」をつけないと今も弾薬庫があるようで「危ない」し、
正確ではないと主宰。

      点点と弾薬庫跡葛の花          風林
     
      樟の実の弾んで止まる戦士の碑      風
 

みな童心に返り、秋の佳日を堪能した。 
      image0.jpeg

吟行は定点観測が好きだという、燐さんが吟行記を書きました。

寺家ふるさと村吟行(2020年9日 )
                              本多 燐

田


9月の吟行は、 都市俳句会では定番の「寺家ふるさと村」であった。
コロナ禍で会場の確保が難しい中、 当番の坂本遊美さん、菅野れいさん、
星野佐紀さんが、苦労をして句会場を確保してくれた。
定番過ぎる場所だけに、当番さんは恐縮していたけれど、
私は、目新しい吟行地を足早に見て回るよりも、
いつもの吟行地を、定点観測するのが好きだ。

「寺家ふるさと村」も何回吟行したかわからないが、
毎回、季節の移ろいを十二分に堪能させてくれる場所だ。
今回も、乗り合いバスを降り立ったその時から、
稲穂の色づきが、私たちを迎えてくれた。
そしてその稲穂を渡るように、バッタの群れが道をよぎる。
紛れも無い秋だ!・・・ことしは、春も夏も、
何だか知らないうちに終ってしまった気がする。
それでも、目の前に広がる稲穂を見ていると、
ああ良かったと安心する。旨そうな米だと思う。

     ine.jpg

電柱の影と案山子の影伸びて      燐

出席者26名は、勝手知ったる吟行地なので、
それぞれが好きな場所を見つけて、作句に励む。
その結果かも知れないが、句会場で投句されたく句は、
様々な視点からのバリエーションに富んだ句が揃った。
これも「いつもの吟行地」を吟行することの良さだと思う。 仙人草

句会場は感染対策で25人しか入れないので、
菅野れいさんは、一人別の部屋からの参加。
当番としての心遣いに感謝である。

句会も終ると、17時を過ぎており、
谷戸の森に夕焼けが広がっている。
日暮れもいつのまにか早くなって、これから、
あっという間に秋も深まることだろう。
/strong>

団栗