俳句でおしゃべり-都市ー

ARCHIVE PAGE: 2009年06月

READ MORE

今回は読書家の心さんに文人俳句として吉屋信子氏を取り上げてもらいました。

      吉屋信子の俳句       栗山 心    梅雨暑し女子プロレスの阿鼻叫喚俳人としての吉屋信子との出会いは、この句でした。「俳句で女子プロレスを詠むなんて!」と、衝撃を受け、見れば作者は「吉屋信子」。まさかあの少女小説家の?明治29年、官史である父・雄一と母・マサの間に、四人の兄のあとの長女として生まれ、当時の典型として良妻賢母を目指すべく厳しく育てられますが、文学への思いがやまず、文芸...