FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

大好評の[都市」のプチ.トリアノンがブログに登場です。

Posted by レオフェイ on   0  0

    ブログのプチ.トリアノン  夏の草むしり 
                         野川 美渦


夏の訪れを告げるパリー祭も華やかに幕を閉じた実際に見たことはないが・・・。

『都市』のプチ・トリアノン庵主の私としては、南の島のバカンスをキャンセルしても、
取りかからなくてはならないことがある。

それは草むしり。

太陽+雨+油断の結果、雑草がモンスター状態になってしまった。一刻の猶予もない。

とりあえず雑草の海に沈み、海から顔を上げての遠泳を繰り返すしかない。
誰も浮輪を投げてはくれないだろう。ドーバー海峡とは、こんななのだろうか?

予定では今頃南の島で人魚姫になっているはずだったのに・・・。どこでこんな・・・。

一週間毎日毎日虫を取っても、振り返ると
初日の処に早くも草が生えている。
辛くても暑くても振り返ってはいけない。
青春ドラマのように汗にまみれて行くのだ!

けれどもやっぱり草むしりは辛ぁい。
太陽の照り返しが強く腰痛だって出てくる。
お見舞いに来るのは肥えた蚯蚓ぐらいだし・・・。

そんな時、ちょっこし、ちっくと、ちょっとの楽しみはこの時期の茸に出会うこと。

牛蒡の下葉を翻すとハタケノチャワンダケがびっしり並んでいる。
          茶碗茸

サルトリイバラの株元にいカミノツメが1つあった。
こちらは毎年同じ場所に生えてくる。どちらもユニークな名前の上に、食べられるイメージがいいのだ。

     きのこ1個

見るだけじゃお腹はいっぱいにならないが、
首から上が、豊かになる感じがする。
もう一度雑草の海に潜る勇気も湧いてくる。

来年の夏こそは、南の島の大王、
いや女王となって君臨しよう。
早いとこ、草むしりを終わらせないと
来年も江の島止まりになる。
その確率は高いが・・・。

      カミキリムシ

今日青草の中にルリボシカミキリを発見。
すっと涼しくなった。
明日もきっと良い日になりそう。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。