FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

小諸市の暖かいおもてなしの中で開催された、「日盛俳句祭」を恵未さんにルポして頂きました。

Posted by レオフェイ on   0  0

「第2回こもろ・日盛俳句祭」に参加して

               盛田恵未

8月1・2・3日に
「第2回こもろ・日盛俳句祭」が開催され、
そうそうたる先生方と句会が出来ると
「都市」からも13名のメンバーが
参加しました。

初日は気温33度と東京よりも暑く、
遠足半分句会半分のうきうき気分は、
会場に行くまでの猛暑の道で半減し、
「早く涼しいところに入りたい!」
と思うばかり。

題


どの先生の教室になるか分らないまま
吟行へと出発。

私は4~5人の仲間と、マイクロバスで
リンゴ園に向かいました。

拳大に育った青いりんごに触れ、
硬さや匂いを感じることが出来て
感激でした。

おまけにこのマイクロバスで
昼食のお蕎麦屋さんまで行ってもらって
大助かり。
ラッキーな午前でした。

午後はいよいよ句会です。
E教室の私は小林貴子先生と
山西雅子先生でした。

参加者は15~16人で「ほととぎす」のやりかたで
清記をした後全部をノートに書かずに選句だけします。

多少の戸惑いはありましたが、
他の結社の方々との句会は新鮮でした。

その後、宮坂静生先生の「虚子と信濃」の講演会へ。
疲れと眠気が一気に襲ってきたため、
残念ながらあまり記憶にありません。

心は早くも夜の食事会のことばかり。
その食事会は、準備のいい光香さんが
5月に予約をしていたお蔭で、
美味しいビールに美味しい食事の
楽しいひと時となりました。

後続の男性陣も混じり、今日の句会の様子と
各自の一句を発表し、歌も出たところで
お開きとなりました。

二日目は、夕紀先生も一緒に
七海さんお勧めの布引山釈尊へ吟行。

        仏


二台のマイクロバスを連ね千曲川の
流れに沿いやがて山の中へ。
細い山道を登って布引山釈尊へ。

蝉時雨の中岩山に突き出る拝殿の朱色が
谷の緑に映え、霊気さえ感じられました。

午後の句会は「都市」の仲間が7名で
なんと夕紀先生の教室でした。
いつもながらのてきぱき進行でした。

  高得点句は満里さん
      布引の一山湧けり蝉時雨
  
  夕紀先生の句
      どの水も千曲に流れ青田波

暑さとの戦いでしたが、
刺激の多い有意義な2日間でした。  

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。