FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

小諸日盛句会に一人残った旅上手の七海さんですが、、、

Posted by レオフェイ on   0  0

              こもろ日盛俳句会 三日目

                               桜木 七海


「都市」の皆さんが、み―んな帰られてしまった
二日目午后からの話を続けましょう。

本当は佐紀さんと一緒に残る予定だったのですが、
今回は彼女が欠席なので一人ぽっち。

なんとも心細い限りですが、「まあどうにかなるだろう」といつもの気楽さ。

句会が終わったあと、大串章先生の「亜浪と俳句」の講演会場へ。

臼田亜浪は小諸のひと。
        
              あろう


大串先生が亜浪俳句の話をなさるのは何年振りかとのことで、
「すごく楽しみにしてきました」と、
野人の風格を持つという亜浪観を熱演される。
抜群に面白く、あっという間の一時間半だった。

今朝の吟行のバスでご一緒だったKさん
軽井沢からのお一人での参加で
「三日間、毎日通ってます」と仰る軽井沢夫人。
夕食を一緒にすることになった。
明日の高原列車吟行の時間の約束も。

やっぱりどうにかなったよ~。ホッ!

八月三日、今日も暑くなりそう。
八時前に吟行の申し込みを済ませ駅へ。

のんびりとした佐久平の風景の中を
コトコトと小梅線が走る。
「乙女」「美里」と素敵な駅名が続く。

中込駅で下車。限定三十名。事務局の
人が旗を振って先導して下さる。

彼曰く「今日は参加者の人数に対して講師の先生方が
沢山残っておられるので皆さんお得ですよー」

千曲川の河畔に到着。
鮎釣りの人が点在。
天然の簗場もあり、猛暑の中、水音を聞いているだけでホッとする。

釣り宿の人の話では、この暑さで鮎も
どこかへ潜りこんでいてさっぱりだとか

次は明治八年に建てられたという旧中込学校。
現存する擬洋風学校ではもっとも古い学校建築物の一つ。

        花


まるで昔の古―いオルガンが講堂に
置かれていて、片山由美子先生が楽譜の校歌を鮮やかに弾かれている。
「昔はピアノの先生だったのよ」と軽井沢夫人が教えてくれました。

午后の句会では本井英先生の愛弟子と
いう林家木久扇師匠―俳号三茶さんとご一緒。
楽しい話をいろゝと聞くことができました。

本井先生と言えば一日目、二日目と先生に当たり
「貴女はくじ引きに弱い運の悪い人だ」って言われたっけ。

いいえ、大胆なユニークな句を充分に楽しませて頂きましたヨ。

面白くって、楽しくってだから俳句はやめられない。
三日間を終えた今の心境です。

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。