FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

〜「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。〜
ざぼん句会で実践している、LINE句会の紹介です。 2020.04.03
久しぶりに良さんのショートショートです。 2020.03.09
暖冬の2月の吟行です!! 2020.02.13
イベント部より 2020.01.27
今年の新年会は、早々と5日に開催されました。 2020.01.26

NHKの小道具さん、あなたの仕事見て、楽しんでいる人も     いますよ!!

 美渦式テレビ鑑賞法

                野川 美渦


お天気イマイチの日もテレビがあればなんのその。
小さいころからテレビの子の私は、
今でもお茶とお菓子とテレビと仲良く暮らしています。

          PA260002.jpg


私にはとっておきのテレビ鑑賞術があるのです。
それはドラマの中に出てくる花を見て
ドラマを豊かに鑑賞し、一人でしみじみすることです。

身近な例を挙げると、毎朝楽しみにしている
NHK朝の連続テレビ小説『おひさま』。

6月第一週は、昭和18年秋
主人公がお見合いをしている場面、

竜胆(リンドウ)が1輪生けてありました。
竜胆はドラマの舞台である長野県の県花です。

主人公は国民学校の先生で、子供たちに
お腹一杯食べさせてあげたいけれどできない、
見ているのがつらい、と正直な気持ちを話します。
他の登場人物も沈痛な面持ちで聞いています。

竜胆の花ことばは『悲しむ君を愛す』。

          リンドウ


ふと人魚さんの佳句を思い出します。

    りんどうや静かに聞いてくれる人    
                               人魚
>

次の週の結婚式の場面。

白無垢に角隠しの花嫁の後ろに菊の花が生けてありました。
白と菊。まるで菊の被綿の様に長寿を暗示しています。
めでたさの重九?とでもいいましょうか?
幸せの福分けを受けたようで嬉しくなります。

次の週は、主人公と先輩が職場でお弁当を広げた場面。
 
先輩におかずを一つ取られても、笑顔で語り合います。
後ろには秋桜(コスモス)が束で生けてありました。

風にかすかに揺れて、二人の若い女性のけなげに毎日を
送るシーンになぜかピッタリでした。


           IMG_3122.jpg



ドラマ制作関係者の意図するところは全く違うと思われますが
”まあいいや”です。

一人で勝手に話を膨らませて”そうなんだ~”と感激しています。
『おひさま』のお陰で毎日が楽しいけれど
明日が来るのも楽しみです。

日本に幸あれ!

スポンサーサイト