俳句でおしゃべり-都市ー

ARCHIVE PAGE: 2012年02月

READ MORE

お休みだった佐紀さん、エンジンがかかってきました!

    1泊吟行                                 星野 佐紀2日目の早朝5時すぎに目が覚める。一旦目覚めると眠りにつけぬ習慣に陥っているから、支度をして部屋を出る。川沿いの道をゆっくりと歩く。街灯は人家の並ぶ側のみに連なる。水面に映る灯が揺れている。去年もひとりで見た懐かしい色だ。  春暁や川沿ひの灯の片側に      佐紀橋に出合う度に中程まで渡り欄干から川を覗き込...