FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

今回の「都市」の俳句鑑賞リレーは、どなたでしょうか?ニコ!!

Posted by レオフェイ on   0  0

      「都市」メンバーによる都市の一句鑑賞(9)
                   
                       大木満里 

    
     シャガールの牛と村行く昼寝覚  
              
                永井 詩(2011・8月)

                          

シャガールの夢。真夏のシュールな夢はまだ、
覚めてきっていないらしい。いい。こんな夢は
覚めない方がいい。しかし、夢は覚める。

シャガールの一幅の絵の中にたゆたった、昼の一睡の夢。
鮮明な色彩。溢れる詩情。幸せな時間。夢に働く想像力。
夢は自由だ。     

作者もシャガールの絵の構図の中に同化し、
溶け込んでいるらしい。ふふふ。牛をひいている、
何とも幸せな表情が見えてくるではないか。

           IMG_0842.jpg


シャガールの画集をめくっているうちに、
昼の眠りについたのだろうか。これは、真夏の
白昼夢である。だからこそ、こんなシュールな夢を
見ることができたのだろう。
(ああ、うらやましいよなあ。人生を豊かにすごすって、
こういうことだよなあ・・・)

以前から永井詩さんの句の着想のユニークな意外性、
大胆な構図に心惹かれるものがあった。
しかも口語での句作。

かって2011・8月号の「村上鬼城研究」の記述の中で、
村上鬼城の境涯作家へのみの視点に疑問を呈し、
「俳句の言葉から、想像し、その詩心を味わいたいのです。
俳句は『詩』であるのですから。」これは、村上鬼城を
境涯作家の視点からその句を読んでいた私に、
先入観で読んではいないか。固定観念で読んではいないか。
と自省させるものだった。 

句はもっと自由であり、詩心のあるものである。
なるほど、詩さんのこの一句に、それを感じた。
さて夢のつづきは・・・



                IMG_0627.jpg

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。