俳句でおしゃべり-都市ー

ARCHIVE PAGE: 2014年02月

READ MORE

古典の勉強会に参加の、たまごさんの一茶の感想文です。

     小林一茶「つひの栖」                       小林 たまご一茶と聞いて、どんな句を思い浮かべるだろうか。  我と来て遊べや親のない雀      七番日記  雀の子そこのけそこのけお馬が通る  八番日記などの句であろう。これらの句から子供や動物に優しい心素直な俳諧師と思う。           ところが、こうした句を詠みだすのは五十代の晩期になってからである。六十五才の...