FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

夏斗さんによる主宰の1句鑑賞です!!

Posted by レオフェイ on   0  0

            主宰の一句鑑賞(2)
                           秋澤 夏斗

          夕菅の風ゆたかなり語らむか    中西夕紀 


師の句集「朝涼」に掲載された一句です。

夕菅はユリ科ワスレグサ属の高原に咲く大型の草本です。
日光黄菅によく似ていますがやや花の色が淡く、
決定的な違いは日光黄菅が昼間に咲くのに対して
夕方に咲いて朝にはしぼんでしまうところです。

季節は夏。
夕菅の花が一つまた一つと咲き始め、
あたりには少し風が出てきました。
作者はおそらくは信州の高原のロッジ
あるいはロッジ風のホテルのベランダで
その花に出会ったのでしょう。

                         IMG_2803.jpg


もう日はすっかり落ちており、
一仕事終えた作者はのんびりした豊かな気分で
ベランダの椅子に腰掛けてワインでも飲まれ、
可憐な淡黄色の花の群落をじっと見ておりました。
ほてった頬にそよ風がとても心地よくあたっています。

「夕菅」と「風」で上五と中七はすぐに
頭に浮かんだに相違ありません。
下五には少し苦労されたのではないでしょうか。
私達なら高原の情景とかロッジの様子を
付け加えて満足するところでしょう。

しかし、作者は「語らむか」と結んだのです。
誰に話しかけているのでしょう?夕菅に?それとも連れの人?
何度も繰り返して読んではっと気づきました。
ニッと笑って読者に語りかけているのです。
そう思ったとき私の体はぴくっと震えたのです。
それ以来とてもこの句が好きになりました。

                          IMG_2718.jpg

スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。