「2018年03月」の記事

直子さんが、純さんの句を読み解きます。

2018/03/22         

             都市の1句(43)                              石黒直子 純さんの作品に出合ったのはつい最近、はじめは随分上手な方が都市に入ってこられたという印象でした。そのうち何度か句会をご一緒して、俳句の道を究められた方という感じを持ったのです。     うしろ手に障子をしめて春灯                                   うしろ...