FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー 「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

「都市一句鑑賞リレー」 ( 5 ) 

          
「都市」1句鑑賞リレー              

                 盛田恵未



  揺すらねば眠りに入りぬ雛あられ    
                  野川美渦
                             2010年6月号 巻頭


心配そうに雛あられを見つめている作者が見えます。
雛あられがスーと眠りに入りそうになるのを揺すって
起こしています。コロコロ、さわさわあられが揺れます。

だめだめ眠ってはだめ。美渦さんは何故か拘っています。
雛あられが異次元へ行ってしまいそうに思われるのか。
雛あられに託し何かに抗っているのかもしれません。


              020.jpg



ストンと消えてなくならないように。
怖く知らない世界に行かないように。
不思議な句に惹かれました。
美渦さん独特の感性の句です。

ひな祭りといえば、子供のころお隣にお呼ばれした
記憶があります。八段飾りの美しいお雛様の前、
ちらし寿司に蛤のお吸い物が出ました。

ぼんぼりのほのかな明かりに、お雛様が今にも
動き出しそうでなんだか怖く思えたことを覚えています。

雛あられの白は雪、桃色は生命、
緑は木々の芽をあらわすそうで、
やわらかな色合いは心癒されます。
なんだかうとうとしてきたところで、
どんな夢が待っているのでしょうか。

スポンサーサイト



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://8194.blog16.fc2.com/tb.php/117-59df6aa4