FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 「ざぼん句会」のメンバーの亘さんの 一句鑑賞です!!
2013-07-03 (Wed) 16:39

「ざぼん句会」のメンバーの亘さんの 一句鑑賞です!!

 子規の一句鑑賞

                     高橋 亘    

   

     いくたびも雪の深さを尋ねけり   正岡子規



外が静かになってきた、雪が降り出したのではないか。
病床にいる子規は家人に尋ねる。
あの小さな庭石も雪に埋もれただろうか。
往来の音も消えた。降りやまない雪。
銀世界になったのは障子の明るさからもわかる。
自分で見に行けない子規は家人に何度も雪の深さを尋ねた。
そんな意味の句である。

            IMG_0107.jpg
       

子規が肺結核を病んでいたのは知っていたので、
この句を読んだ時に病床の句であることはすぐ理解できた。
しかしこの句には病床にいるとか悲しいとか
そのような表現はどこにもない。

それでもこの句は病床の身を連想させ、
「いくたびも」「尋ねけり」の言葉が
雪を見るのもままならず、家人に頼らざるを得ない
子規のやるせない気持ちを伝えてきた。

そういう気持ちでこの句を読んでみると、
外出のできない子規が何故「雪の深さ」を尋ねたのか、
「雪の深さ」に隠れているものとはなんだろうかと考えてみた。

当時は明治という日本の勃興期、将来を熱く語る友がいて、
皆が近代日本という目標に向かって動いていた時、
若くして病床生活を送らなければならなくなった子規の心には
きっと孤独感や寂寥感が襲ってきたのではないか。

IMG_0074_1.jpg



そんな時に雪が降ってきた。
周りのものを静かに消していってくれる雪、
真っ白に覆われた世界は世の中の動きを止め、
自分を対等の位置に戻してくれるように思える。
雪が積もるほど気持ちは安らぎを深めてゆく。
子規はそんなふうに感じたのではないか。
ぽつりと独り言のように響くこの句は
そんなことを想像させる一句でした。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント