FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 立子の違った一面を捉えた満理さんです。
2013-07-20 (Sat) 16:00

立子の違った一面を捉えた満理さんです。

        一句鑑賞
                
                 大木満里

                   

      忘れたきことゝ一途に水を打つ    星野立子


星野立子四十四歳の時の、一見何気ない句である。
初め散文的でずいぶんストレートな句だと思った。
が、なぜかひかれる。

中七が「ことゝ」でわずかに切れ「句またがり」であるが、
定型をこわしてはいない。それは中七半ばで切れているが
「一途に」の表現が入ることにより、
リズムが崩れていないからである。

中七が作者の微妙な心の様を投影しているように
思えてならない。さらに「水を打つ」という具象的な
夏の季語をもってきている。そこで作者の懊悩を振り払うように、
沈めるように一途に水を打っている様子が見えてくる。

それは誰でもが人生を経る中で経験していることだからだ。
平凡そうに見えても、幸せそうに見えても、
生きることには人に言えない葛藤を心に抱えている。

  
096 (2)

                                         

それを胸におさめておかなければならないせつなさ、つらさ。
うだるような暑さは作者の今の心中にほかならない。
「一途」がきいている。
ひたすら水を打つしかないではないか。

私は星野立子を「幸運」の俳人と思ってきた。
二十三歳で俳句を始め、父虚子の後ろ盾により
二十七歳で句誌「玉藻」の主宰者になったのである。


139 (2)


しかし「客観写生」「素直・無垢」の句風と言われ名句も数多い中、
それだけではないもうひとつの面を表出した、
主観的な句に出会ったような気がする。
この句は、私の共鳴する一句である。

スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント