FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 火は人を色々な気分にさせますが、、、
2014-04-19 (Sat) 17:50

火は人を色々な気分にさせますが、、、

     橋本多佳子一句
                      高木光香


「寒月に焚火ひとひらづつのぼる」

わかりやすい鮮明な情景である。
炎をひとひらと見たその感性に共感する。

多佳子俳句には素晴らしい句がたくさんあり、
好きな句、有名な句も多い。
この句はその中で地味ではあるが、
私には心惹かれる句なのである。

多佳子4女の美代子さんの述懐に
「火をつけるのが、とても上手だった」
という一文がある。

IMG_7823.jpg


その頃5~60年前の昔にしても、
マッチがふんだんにある訳ではなく
火を熾すのは大変だったと思う。

茶の湯に、炭点前というのがある。
濃茶を差し上げる前に炭を整えるのである。
下火をまとめておき、その上に火がつくように
炭を組みたてていく。モタモタしていたのでは、
下火が崩れていくし、組む炭も灰まみれになって
汚くなってしまう。

管炭を右から扱うか、丸ぎっちょをどう入れるかなど、
手際よく素早く判断する。そして最後に炭の形を
美しく仕上げるのはもちろんである。

頭の良さ、手際の良さが必要となる。
かまどの火、暖炉の火、火ばちの火も皆同じと思う。
昔も今も火を上手に扱うことは、生きていく上で
大切な基本である。

橋本多佳子という人は頭の良さ、手際の良さ、
その二つを持っていた人と思う。

今は4月、春爛慢の美しい季節である。
それなのに、寒月の焚火の句ではいかがなものか!と
申し訳なく思う。

IMG_7920_20140419173947ab6.jpg

が、私にとって火とは、線香花火、焚火、山焼き、
どんと焼き、火ばちの炭火、茶室の炉の炭火、鍛冶の火、
など見ていると心が落ち着いてきて、安心してくるもの。
そう私は火を見ているのが好きなのである。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント