FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 「現代俳句勉強会」の担当者による俳句鑑賞です!
2014-10-22 (Wed) 22:09

「現代俳句勉強会」の担当者による俳句鑑賞です!

        川端茅舎一句鑑賞        
                          盛田恵未                   

新涼や白きてのひらあしのうら

この句は昭和9年刊行の『川端茅舎句集』にある句である。

代表句「金剛の露ひとつぶや石の上」のような仏教的な匂もなく、
具体的でどこか懐かしさも感じさせる句である。

少年時代の茅舎は、夏は浜町河岸の水練場で水泳を習い、
やがては師範代を勤めるほど上達したそうだ。
もともと色白長身の秀才少年に真っ黒になって過ごした
夏があったことは、この後の茅舎の人生を考えるとき
ホッとする思いがある。
 
茅舎は医者になるべく一高を受験する。
本人も受かると思っていたそうだが、不合格となる。
ここで茅舎の人生が大きく変わった。

            IMG_2200.jpg


父に連れられ幼いころから身近にあった俳句。
書画彫刻もなす父と、画家であり異母兄でもある
川端龍子の影響もあってか、やがて絵画の道に入ってゆく。

茅舎はこの両方で才能を発揮して行く。
絵画は白樺派の岸田劉生に師事し、
俳句は『ホトトギス』や『雲母』で活躍する俳人から
強く影響を受け、投句を続けてゆく。

しかし大正12年、茅舎23歳の時関東大震災が起きる。
九死に一生を得るが、つづく母の死、肺尖カタルの発病、
失恋、絵画の師匠岸田劉生の死、妹の死と相次ぐ不幸がおきる。

岸田劉生の死は大きく、茅舎はこの後絵画の筆を断ち
俳句一本に進むことになる。身の置き所がなく
彷徨する日々の中、やがて仏教に影響を受けた句が
めばえる。

昭和五年茅舎33歳、『ホトトギス』でこの句は巻頭を飾る。
新涼の季語に澄み切った透明感を見、手足の裏を
よけいに白く見せる。

                IMG_3910.jpg


新涼は茅舎の清心にもつながるのではないだろうか。
過ぎた夏を思いおこし、これまでの自分の人生を
重ね合わせているように思える。新涼と白が響き合うことで、
実はこの句にも仏教的な影響があることに気付く深い句である。
                     
スポンサーサイト



最終更新日 : 2014-10-22

Comment







非公開コメント