FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › ライター良さんに、ショーとショートを書いてもらいました!
2014-12-14 (Sun) 21:03

ライター良さんに、ショーとショートを書いてもらいました!

    碧い海そして橙の百合
                     城中 良


オートバイ七半のエンジン音が家の前で響く、
また何かのお誘いである。
このオートバイの主、農機具屋の二代目である。
どうゆう訳かこちらの暇の時を見はからったように、やって来るのである。
「海へゆくぞ、瀬波の先だ、早く支度をして後ろに乗れ」
嫌も応もない、まったくしかたのない奴である。

七半はものすごいスピードで走り、田を抜け、畑を抜け走る。
こちらは、もうどうにでもなれ、勝手にしろの心境である。
いくつ村を越え、いくつ橋を越えたやら、
やがて、すこし大きな川のそばでオートバイは止まった。
「三面川だ、鮭はいるかな」などと、のたまって土手を下り、
のぞいている。

この男、酒をのまず、煙草は吸わず。
なのに、魚釣り、蕨とり、キノコ採り、植物の花など大好き、
家に山菜植物の庭を造るほどの力の入れようである。
まだ結婚前の独身のくせに、全く変な奴である。

「鮭などいないよ、獲ったら犯罪だぜ」と言うと彼は恨めしそうに
土手をあがり、昼飯にしようと言う、「飯を食ったら、出発だ」
やがて道の右に海が見えてくる、碧いどこまでも碧い海である。
瀬波をすぎ、いったいどこまで行くつもりか。

海水浴場を過ぎ、砂浜の先に岩場が二つ三つある誰もいないところに
七半はとまる。「誰もいない所で泳ぐのは危ない」と言ったが、
奴は、どんどん砂浜から岩場のほうに歩いてゆく。
渚から近い岩場には橙のスカシユリが沢山咲いていたのである。
碧い海、岩場に満開の百合の花、息を呑むような美しさである。
奴はここに来たかったのだ。

                      IMG_5858.jpg


「おーい、あの百合取りにゆかないか」と言う。
「無理だ、距離は近いが海流の流れが速い、止めておけ」
言い出したら聞かないこの男、海水パンツ姿になっている。
かなり危険だが、距離が近いから行けるか、と自分に言い聞かせ、
海水パンツをはく。
奴は海に飛び込んで岩場に向っている、仕方なく海に飛び込む、
案の定、早い流れだ、彼を追って岩場にたどりつく、
二人とも無言で岩場に咲く百合をながめる、息をのむような美しさである。

しかし片手で花をもって泳いで帰ることは、あの男にも無理と分かる
海流の速さだ。「帰るぞ」と言いこちらが先に飛び込む、
流されながらやっと渚にたどりつく。
奴はとみると岩場から飛び込み、渚に向かう、おや、おかしい奴は
流されているのか、なかなか渚に近づいてこない、危ない、
と思うがどうすることも出来ない、
近くに人は誰もいない、渚を彼の流される方に走る、危ない、
なんとか乗り越えてくれ、力が尽き、へたばったら、海に沈んでしまう。
声もかけられない、ただただ流される方に渚を走る、少し渚に近づいて
きたようだ、がんばれとも言えない、もう少し渚にちかづいてくれ、
どのくらい走ったのやら、彼もようやく砂浜にたどりつき、
渚にうつぶせになり動かない、助かったのだ、海に沈まずにすんだのだ。
二人は安堵と疲れで砂浜に座り込み、碧い海と百合を無言で
いつまでもながめる。

                          IMG_8326.jpg


「あの百合ほしかったなあ」などと死にそこなった癖に
まだ恨めしそうにして言う。全く懲りない奴だ。
疲れの取れた奴は、服に着替えだした、こちらも着替えて、
七半のエンジンをかける。また、もときた道を猛スピードで走りだしたのです。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2014-12-14

Comment







非公開コメント