FC2ブログ

Content

        

新人のあやさんの登場です!

2015/09/01
                 

  「朝涼」を拝読して  
                       甲光 あや

      鷹の空鷹の心の澄みわたり

何一つない、何も遮る物の無い、高い天空を羽をいっぱいに広げて
悠々と浮かんでいるような鷹には、行きたい所へ行けるであろう事
への、羨望の思いを覚えます。心地良さを感じ、そして誰かの化身
では無いのかと思えます。

  DSCF3294.jpg

 
父亡くば煮豆のあらざる帰省かな

嫁しても実家に父母が健在であれば、里帰りの折も
食事を囲んで話せる喜びがあります。
そして食卓には、お父様の好物の煮豆がいつもありました。
しかし、お父様亡きあとは、御相伴に預かっていた煮豆は食卓にはないのです。
お父様の好物の煮豆をだすことで、無くなられた寂しさが伝わってきます。

この足袋を穿かさば父よお別れか

DSCF2325.jpg

丁寧にゆっくりとお支度をなさったご様子が見えて参ります。
そして、経帷子に身をつつまれているお父様に、
いよいよ、足袋をお履かせすることになってしまいました。
最後にこの足袋をお穿かせしたら、もう、お父様に逢うことは
かなわないのだという思いが切々と語られています。

スポンサーサイト



                         
                                  

コメント