FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 会員の俳句 › 「黒羽芭蕉の里全国俳句大会」で入賞された句の紹介です!拍手!!
2016-08-05 (Fri) 12:55

「黒羽芭蕉の里全国俳句大会」で入賞された句の紹介です!拍手!!

「黒羽芭蕉の里全国俳句大会」入賞者のコメントです。
嬉しいことに大勢の方が入選されました)^o^(

                       IMG_0700_201608032044506f0.jpg


   ① 当選句  作者
   ② 自句自解
   ③ 賞
     で作者にお答え頂きました!!


①  昭和九十一年のアッパッパ    野川美渦

②ブログ編集長に賞のブログをと仰せつかりました。
  しかし、初学の頃から主宰には自句自解なんかすんなと
  もとい自句自解はしないと教えられてきました。
  今さらこっぱずかしいので勝手なこと載せちゃいます。
  さて今年は、平成28年。そう言われても昭和ガールには
  ピンと来ません。昭和なら西暦から25を引けば
  昭和○年とすぐ分かったのにな~などと。
  そうです。今年は昭和で言えば91年!
  これからもオウムガイの様にマイペースで楽しい
  スタコラ人生を歩めそうです。

③ 小澤實選 自由題の部 津久井富雄大田原市長賞

美渦さんは、他に当日句
①  とうさんと暗闇に呼ぶ蛍かな
③  中西夕紀選  入選


光着る裸の男波を切り  高橋亘    

②夏の海でサーフィンをする若者を見た時、若者の周りに夏の光が集まって、
 その珠の中で滑っているように見えた。
 夏の光を一身に集めているその不思議な感動は、躍動する若者の体を
 光が包んでいるようであった。

③ 中西夕紀選 秀逸


①  友釣の鮎出をまちて背の光る   井上田鶴

②那珂川の水は清らかで流れも速い。
 解禁を待ちかねて遠くから釣人が来ていた。
 友釣用に鮎を売っていた。鮎は仲間を裏切る立場とは
 しらずに無心に狭いバケツの中を泳いでいた。
 悲しい景色と思った。

③ 小澤實選 特選



どっとくる光に捩れ大夏野    大木満里

②いつもこの「捩れ」は、私の常套句として纏い付いている。
 ヘンな句でヘンな人、夏井先生からのコメント。フーム。

③ 席題 夏井いつき選 入選


①  蛍狩亡母のざうりを履きて行く  菅野れい

②母が逝った夏からすでに12年が過ぎようとしています。
 しかし、どんなに時が経っても、こんなことをしてあげればよかった…、
 あんなことも一緒にやりたかった…、という後悔にも似た思いは
 消える ことがありません。
 母を偲ぶそんな思いをこの句にこめました。
 “思いをものに託して詠む”ということが、
 少しずつでもできるよ うになれば…と思います。

③  黒田杏子選 推薦


①   雲の影心太にも及びけり 大矢知順子

②屋外の茶店できらきらする心太を啜りあげていたとき、
 急にどんよりした重い心太に変った。
 「ああ、あの雲かぁ」と思った。
 これだけの地味な句を選んで下さったことが不思議だった。
 黒羽の大会にて、黒田杏子先生にお目にかかり、はっと思った。
 お元気の塊だった先生が、大病をされ、ようやく乗越えられた直 後とのこと。
 煌びやかな人生から、一瞬暗転を経験された先生の御心に
 触れるものがあったのかも知れない。
 俳句の怖さ、楽しさをしみじみ感じた。

③ 黒田杏子選 特選


白鳥の野太き声を浴びてをり  三森梢

②湖北の十一面観音の里を巡っていた時、
 突然灰色の空から白鳥の声が降ってきました。
 その時の呆然とした様を詠んだ句「白鳥の野太き声を浴びてをり」が
 夏井いつき先生の秀逸を頂き、又もや呆気に取られた思いでした。

③  夏井いつき選 秀逸
スポンサーサイト



最終更新日 : 2016-08-05

Comment







非公開コメント