FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › その他 › 「都市」初めて句集「彩雲」を出された、遊美さんに思いを語って頂きました。
2017-02-02 (Thu) 10:43

「都市」初めて句集「彩雲」を出された、遊美さんに思いを語って頂きました。

        『彩雲』の後に
                        坂本遊美


句集『 彩雲』の上梓から暫く経って
ほっとした中に心に浮かんで来る事がある。

小学生の頃、
父が学生時代に仲間と作った同人誌に掲載された
父の文章を見せてくれた事があった。

何が書かれていたは分からなかったがそれより
文章を書く事が好きなのだと言う事が分かった。
父が人前で話したり歌ったりするのが好きなのは知っていたが。

私は人見知りして自分の事を表現するなど
お喋りでも文章でも歌でもとんでもない事だった。

だがその同人誌の父は
それ以来ずっと私の心の奥に入り込で
自分を表現し発表する事を応援してくれている気がしている。

            DSCF3332.jpg


子育てが終わった頃
母に茶道の覚書の手書きの一冊のノートを手渡された。

自分の教えていた手順等の伝えたい事が
綺麗な字でびっしり書かれていた。
茶道を続けなければ役に立たないものだ。
数年して母のように熱心でなかった私が
母がいないのに一人で続ける気力は無くなった時
茶道の稽古を辞める決心を鈍らせるものとなった。

だがそのノートの母は
私の心の奥に入り込んで
自分の好きな事を一心にする事を応援してくれた気がする。

                  DSCF3955.jpg


句集に纏めて私の中で意味を持たせた思いかもしれない。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2017-02-02

Comment







非公開コメント