Article

        

寒い雨の中の吟行でした!

2017/ 04/ 07
                 
    四月 鎌倉吟行
                           三森梢

今月の吟行は鎌倉の寿福寺から源氏山。

満開の花の下、源氏の興亡を想う日となる筈であった。
しかし、朝から冷たい雨が降り続き、しかも桜は満開に程遠い状態である。
そう言えば今日は万愚節である。
その様な天候の中、鎌倉に馳せ参じた22名は、
「雨の句をしっかり詠みましょう」との中西主宰の言葉を胸に、
静かに雨の街へと歩き出した。

IMG_0945.jpg


寿福寺に着くと鶯の声が迎えてくれ、雨に色を深める苔に
落椿が鮮やかである。虚子の墓、立子の墓、愛子の墓でじっと佇む、
あちこちの墓を見て回る姿と、それぞれの時間を過ごす。
政子と実朝の墓、そして大仏次郎の墓にも挨拶した後、
源氏山へと向かう。

                    DSCF4178.jpg
   

右手に傘、左手にノートを持ちながら、ぬかるんだ小道を慎重に上って行く。
雨の森から画眉鳥の声が響き、木五倍子の花を食べる栗鼠も目にする。
途中には太田道灌の墓もあり、向かいの山はまさに
「竹の秋」の様相を見せている。
うっすらと色を見せる山桜、様々な椿の咲く小道も用意されている。
                          
                                          DSCF4135.jpg


源氏山の頂では頼朝の像が街を見下ろしている。雨も小止みになった所で、
苔むした化粧坂の急段を覗き込み、銭洗弁天へと下って行く。
現世のご利益をしっかりと願った後、人里へ戻って来た。
愈々句会の始まりである。

  特選句

    板塀に雨降りしきる余寒かな(奈津子)

    春泥に数多足跡虚子の墓(積)

    鶯のこだま政子へ実朝へ(詩)

    指差せば皆顔向ける山桜(恵未)

    初桜そぼ降る雨の源氏山(冬青)

    鶯や雨明りして化粧坂(青)
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント