俳句でおしゃべり-都市ー

ARTICLE PAGE

美渦さんが、三鬼の有名な句を、現代風に解釈しています。

          西東三鬼の一句  

                             野川美渦
 
       綠蔭に三人の老婆わらへりき

 なんとも豪快で希望に満ちた句です。

 三人の老婆が大きな大きな樹の下で、三人とも声を出して
笑っているのです。笑っている自分以外に二人の友人がいて、
三人とも話が合うのでしょう。それぞれの家庭にはそれなりの悩みを
抱えながらも、ひと時楽しい時間を共有しています。

            DSCF6820.jpg


 一人二人と仲間がいなくなる中、三人とも健康なのでしょう。
熱中症にもならず、井の頭公園までも歩いていけるレベルです。
その上、大木にも守られています。

 その場に居たらつられてこちらまで笑ってしまいそう。
え?なに?何の話と、近くに寄って見たくもなります。

 最強の三人の老婆達のこの後は?ランチビールか、
それともポリフェノールのグラスワインで乾杯か。
おなかがいっぱいになったら夏のクリアランスセールのお店や
サンロード、ハモニカ横丁を覗いてと、色々と想像が膨らみます。

                  DSCF5151.jpg


 80年以上たった今でも新鮮で、躍動感に溢れています。
女性に、日本に、夢のある老後を保障してくれる。そう信じさせてくれる
一句なのです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment