FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 句会 › 深川吟行の当番だった景さんがブログに初挑戦です。
2019-08-02 (Fri) 14:56

深川吟行の当番だった景さんがブログに初挑戦です。

七月吟行記
岡部 景



朝から曇り空の7月6日、深川不動尊で吟行が開催された。
「梅雨という季節感を詠うこと、多くの句を作ること」という主宰の言葉で吟行がスタート。
どんよりした空模様を詠み込むのは難しそうだなあと思いつつ、
駅前から不動尊まで続く商店街を歩きだした。
和菓子屋、料亭、仏具店など、年季の入った店が並ぶ。

漢方舗の戸に病名や梅雨長し 風林

不動明王

深川不動尊は、外壁が黒々と梵字で埋め尽くされているという珍しい建物だった。
梵字の真言で護られているという堂内も拝観したが、不動明王像がやはり魅力的だった。
穢れを焼き尽くす激しい炎には、惹きつけられるものがある。
本物の火を焚く護摩行にも参列した。「一緒に唱えて下さい」と手渡された小さな紙。
そこに書かれた御真言を、最初は恐る恐る、いつの間にやら大声で唱えている自分がいた。
暗い堂内に燃えさかる炎、御真言の唱和、そして突然、お尻に走る衝撃!
思いっきり振りかぶって打ち込んだ僧侶の太鼓が、ズシーンと響いたのだった。
護摩行は想像以上の迫力であった。

火涼し真言声に出してこそ 夕紀

太鼓打つ僧の踏み込む梅雨の闇 有也


深川不動尊の周りを歩いてみると、学校や公園、高速道路など、活発な町の姿があった。
曇り空でも、みな元気に運動を楽しんでいるし、雨に濡れた草木が青々と綺麗だった。
ベンチを見つけてお昼のおにぎりを食べ、慌てて句をまとめて句会場に向かった。

梅雨晴間ここぞとベース並べをり 真咲

夾竹桃テニスコートの乾く音 恵未


句会では、生き生きと鮮やかな句がたくさん出た。
梅雨空の下、かえって生命力や色彩が浮かび上がって見えたのかもしれない、
などと思ったりした。

青蔦の梵字を描くごと伸びて 夏斗



蔦


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-02

Comment







非公開コメント