fc2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 吟行 › AグループとBグループは同じ吟行地でした。比べてごらんください。
2022-08-25 (Thu) 12:27

AグループとBグループは同じ吟行地でした。比べてごらんください。

      府中市郷土の森吟行報告                       高見 和

 令和4年7月2日土曜日、都市Aグル-プの府中市郷土の森博物館への吟行が行われました。
南武線分倍河原駅に、9時30分に集合、バスにて郷土の森博物館まで。
今回の参加者は、総勢26名。

 当博物館は、四季のうつろいを感じ、歴史の息吹に触れることをキャッチフレーズに
紫陽花区域、梅園区域、ヒガンバナ区域などがあり、加えて、旧府中役場、
旧尋常高等小学校、旧府中郵便取扱所、旧名家などの移築復元された建物もあり、
野鳥にも恵まれ、広大なスペースを有している。もとよりプラネタリウムを備えた博物館本館がある。

机


 先ず一行は博物館前で、主宰から、今回の吟行に当たり、挨拶、訓示を頂きました。
1. よく見て、映像が見えるように描くこと
2.言葉は、正確に辞書で確認すること
3. 歳時記を開き、季語を確認すること
  を留意のこと。

 その後、各自移動し作句に入る。
 
 出句は、13時00分,句会は、本館内会議室で十分スペースを確保した環境で行うことができました。
14時10分から14時45分まで、6句選句、うち1句特選。
以後選句に入る。
当日の特選句は、以下の通り。

      あるなしの風に流るる合歓の花               唯

     ねむ咲くやふたいろに鳥鳴き分けて            青

     冒険は足の裏より水遊び                  わる

水

 ずぶぬれの子の水遊びきりもなく       正次

     鴨凉しベンチの下で休みをり          佐紀

     初蝉の鳴き始むはけの辺より          唯

  主宰の句は、

     男らのラーメンライス夏旺ん         夕紀

    盛夏なり藁家にたちて青煙          夕紀


藁や


選句も無事終え、予定の時間通り散会となった。
当地への幹事の下見の際は、分倍河原の駅は、朝は猛烈な雷雨で、駅で足止め、
その後ようやく回復し、下見が実行できました。

吟行当日は幸い好天に恵まれた上,折りしも紫陽花まつりの最終日とも重なりましたが、
素晴らしい紫陽花などを詠うことができ、楽しむことができました。

ajisai.jpg


今回の吟行幹事は、菅野れい、長谷川積、高見和が務めさせて頂きました。
ご協力有難うございました。
     
スポンサーサイト



最終更新日 : 2022-08-25

Comment







非公開コメント