fc2ブログ
俳句でおしゃべり-都市ー

初春、Aクループの吟行は

レオフェイ
        Aグループ忠生公園吟行    外山糖子

前日に春一番が吹いたからか、当日は快晴で温かい吟行日和でした。
町田駅よりバスで、先生と出席者16名賑やかに目的地に到着しました。
2名が現地で集合。

公園の春は、まだ足踏み状態でしたが、日差しは春めいており
桜は河津桜が咲いていました。
そして足元には、いぬふぐりや仏の座も見ることができました。
池には蘆の角もちらほらと。

それぞれに吟行を初めて作句をし、「がにやら自然館」で
12時30分より句会。
「がにやら」とは「カニのすむ谷戸」という地元の呼び名です。
森有也さんに司会をお願いいたしました。

   特選句
      
                                                               犬
                       
   
     利かん気の犬三頭と青き踏む         岩原真咲

     暖かや皆手を繋ぐ子供連れ          井手あやし

     石組に落ちてしぶけり春の水         中島晴生


                                      しぶき

  主宰の句

     春禽へ向けたる顔に日差しかな

               田んぼ


     三枚の谷戸田残れる辛夷かな

     摘草や堰落つるたび水速し


                                        ぺんぺん
                                   


不慣れで皆様にご迷惑をおかけしたのではないかと思います。
又、井手あやしさんには、外部のコピー機まで俊足で助けて頂きました。
お礼申し上げます。
スポンサーサイト