fc2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 吟行 › Aグループの吟行は、立夏の日となりました。
2023-05-22 (Mon) 18:04

Aグループの吟行は、立夏の日となりました。

       5月Aグループ吟行  俣野別邸庭園   鈴木ちひろ


5月6日、天気は晴れ。9時30分に藤沢駅に集合した16人。
中西先生から「しっかり見る。ひとつひとつをゆっくり見て作る。」
とのお言葉をいただいてバスで初めての吟行地、俣野別邸庭園へ。
現地でひとり加わり17人となる。

俣野別邸庭園は横浜市と藤沢市の境の東俣野町にある、
河岸段丘を利用した風致公園です。名の由来となる俣野別邸は、
昭和初期のモダニズムが香る和洋折衷住宅で、
現在は横浜市の認定歴史的建造物になっています。

高低差のある広い庭園では、ヒマラヤ杉をはじめとした高い樹木や、
美しい芝生や四季折々の草花を楽しむことができます。
まずは大階段を下りて庭園へ。階段横に聳えるヒマラヤ杉に
みんな目を見張りました。

                                  すぎ


   ヒマラヤ杉一樹百幹青嵐          岩原真咲

5月6日はまさに立夏。柔らかな眩しい新緑の中を強い風が吹いています。
真っ赤な石楠花は花びらを散らし、紫蘭はきりりと咲き誇っていました。

   凛として咲きて地を向く紫蘭かな      長岡あゆ

   芍薬のひとひらづつを起こす風       吉良 唯


                            蜂

   雀蜂腹のあたりの縞たぎる         角田 球


芝生広場では桜の実が風に煽られ、黄緑の柿若葉が風に揉まれて
ひときわ光っています。
ベンチに腰を下ろしていると、周囲を囲む大木の枝が、
音を立てて大きく揺れる様にしばし目を奪われました。

    青嵐割れて聞こゆる人の声         吉良 唯
   
   強風に日差し溜めをり柿若葉        茂呂詩江奈

   しがみつく羽虫も揺るる大南風       樋口冬青


芝生で無邪気に遊ぶ父と子。地味な印象の強かった著莪の花が
群生している迫力。いつも芝生広場を走り回っている芝刈りロボットは、
強風のためか立派な犬小屋のお家で待機中でした。

    先に来て薔薇に隠れて座りゐる       中西夕紀

   あぢさいの花の芽すでに青湛へ       土屋良夫

   花潜花粉まみれに沈みをる         平澤ひなこ


後半は別邸の中を見学する人あり、一足先に句会場近くの遊行寺へ
向かう人あり。

    窓にゐて窓の人見る新樹かな        中西夕紀

   縞蛇の縞の粋なる遊女墓          森 有也



藤沢交流館で開かれた句会では、青嵐など強い風の句がたくさん
出されました。

                                       kaze.jpg


荒々しい風音の中、豊かな新緑に浸って、解き放たれた夏のエネルギーを
体いっぱいに感じることができた吟行になりました。

   
スポンサーサイト



最終更新日 : 2023-05-22

Comment







非公開コメント