fc2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

山中さんからの10月号の暖かいご感想を!!

「都市」10月号を読む      山中多美子(晨・円座 同人)

中西夕紀作品「炎ゆる日」16句より
   
灼石にあづける尻神輿来る
   
ウエットスーツ腰までおろし女来る
   
雨音に陰と陽あり花瓢

                                            雨

     夏の蝶わが身を抜けてゆきしごと

 
ことに夏の蝶の作品は好きです。夏蝶の透明感が
 あります。わが身を抜けてゆきしごと とは言えないです。
 
 髙橋亘さんの句集『機影の灯』は私も大好きでしたが、
 桜木七海さんの鑑賞は素晴らしいです。やはり地元の方の
 鑑賞は一味違うと思いました。羽田空港の夕景の様子が
 しっかり描かれていて、心象的な背景にまで迫っていて流石と
 思いました。
                       煙


 湘子の一句・主宰の一句の
「殺すかも知れぬ毛虫を離れけり」の大矢知順子さんの鑑賞は凄いなと
 思いました。「殺すかも知れぬ」で間を置くとのこと。
 こういう読みもあるのかと感心しました。

                          毛虫


 加瀬みづきさんの「他誌散策」の「若竹」紹介は取り上げてある
 作品の鮮度がとても良いと思いました。
 
 好きな作品です。
  
朱雀集より
   
日くれがたこゑのきこゆる日向水    城中 良
   
菖蒲田に元禄の風ありにけり      桜木七海
  
乳牛の赤き乳房や梅雨長し       森 有也

  
白樫集より

                                      縄

   
束ねたるロープ荷台に夏木立     三森 梢
   
山蟻や深き靴跡雨を溜め       星野佐紀

  
青桐集
  
 出会ひたる河童も我も跣足かな    坂本遊美
   
聖五月ピアノに映るピアニスト     永井 詩
   
夕河岸の空は絵筆を洗ふごと     本多 燐
   
神輿待つここは浅草一丁目      盛田恵未
   
電卓の億は使はず明易し       加瀬みづき

  
都市集より
   
岩鼻や上り下りに蜘蛛の糸     小林 風
  

スポンサーサイト



Last Modified :

Comments







非公開コメント