fc2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 吟行 › 11月は1泊吟行がありましたので、吟行はA.B合同となりました。
2023-12-16 (Sat) 21:24

11月は1泊吟行がありましたので、吟行はA.B合同となりました。

        A.B合同吟行 品川宿     高橋 芳

 11月4日、喧騒の品川駅から一駅、閑散とした北品川に総勢15名が参加の品川宿吟行。
晴れてはいたが最高気温25度超えの日だった。
先生からは「都会の様子も入れて詠んでください」とお話があった。

   DSCF4402.jpg


 先ず全員で旧宿場通りへ。今は商店街となっているが道幅は当時のままで、
店の間口が狭く並んでいるのが所々に見えた。当時の建物は残っておらず、
旧跡の案内板が何箇所もあった。本陣跡、妓楼の土蔵相模跡など。
幕末の話をする人、由緒書を熱心に読む人もいた。

         483268827363672675.jpg

                   
 宿場通りの脇路地を下って行くと船溜りに出る。この緩い下り坂は、
当時の海岸線への名残である。一行は船溜りへ向かった。
その先は天王洲である。高層ビルが間近に迫る溜りには、屋形船、
釣り船が多く繋留されていた。皆さん作句にしばらく立ち止まり、
鯨塚、砲台の台場跡を経て、三々五々案内のマップを手に思い思いの場所へ。

         
483278253625704482_2023121621202443a.jpg


 この街道界隈は寺社が多い。古くからこの地に人々が集まり産業が
興ったからという。入り込んだ路地奥に流民叢塚碑のある法禅寺、
剥落してはいるが〔長八〕の鏝絵のある善福寺。目黒川沿いには神楽舞台のある
荏原神社、寄木神社には色鮮やかな〔長八〕の鏝絵が残っている。

                          483268895831228557_20231216212310aeb.jpg

  
      黄菊白菊流民五百に塚ひとつ     中西 夕紀

目黒川沿いに桜並木が続いている。春は花見が楽しめそうである。
この日は落葉となって舗道の隅を埋めていた。川上の方にある句会場へ
向かう途中、品川神社に立ち寄った。祭も有名で富士見塚もあり、
皆さんも登ったようである。今はビルが建ち並び、見えない富士山、
海岸を想像しながら、海の方へ目を向けてみた。ビルの狭間にベイブリッジが、
海の位置を示すかのように光を放っていた。

 今回は北品川から新馬場までの距離であったが、界隈は旧跡の多いところなので、
歴史に興味のある方は、ゆっくり訪れると良いかもしれない。

特選句は次の通りです。

     秋うらら卍をなぞりなぞり行く    岩原 真咲

     白粉花ビルの狭間の小商い      砂金 明

     行く秋や烏が塀を横歩き       井手 あやし

     秋麗や船たぷたぷと船溜り      吉良 唯

     秋麗やいたるところに道ありて    山中 あるく


       画像提供者は、吉良唯さん、山中あるくさん、甲光あやさんです。
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2023-12-17

Comment







非公開コメント