fc2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 吟行 › 久しぶりの都心の吟行でした。
2024-02-01 (Thu) 17:29

久しぶりの都心の吟行でした。

 都市Aグループ吟行 令和5年⒓月3日         臼井走
   原宿駅明治神宮代々木公園周辺

 
                                          綿菓子
   

 久々の都心吟行。23名と多くの参加者に恵まれました。
JR原宿駅改札集合後、当番の青さんより皆に吟行地の地図が配られ、
三々五々句会場であるオリンピック青少年センターへと出発しました。
 
             服

 竹下通り方面へ繰り出す者。明治神宮へ参内する者。
代々木公園へは神宮経由で歩き出す者が多くあります。
冬青空の元、神宮では婚礼もあり、暖かな日差しに公園には
多くの家族連れ、来日客で賑やかな街はコロナ明けの
明るさに満ちています。それでは人気句から見て行くことにします。
 
明さんの
     幼子を銀杏落葉に放ちけり         
先生の選も含め6名が選に。

     冬鵙や日になめされて宮柱 青
 先生の特選を含め特選一選三の人気句となりました。

     散紅葉風に譜面の捲かれけり あやし
 先生の選、他に特選一選二。

     映る身は聖樹の赤き球の中 詩
 先生の選の他特選二選二の人気句。視線の斬新さに驚かされます。
                                     赤

そして先生の一句。
      枯芝に座れば人も光り合ふ
 特選三選一と多くの評価を集めました。これも視線の位置を下げて得た句とみます。
 
                                  芝


以下先生の特選句を挙げていきます。
      ベンチとは冬暖かき響かな 燐

      <span style="color:#3300FF">一枚の地図を囲みぬ冬青空 明
 
      転ぶ子も起こす子もゐて冬日向 走

      銀杏落葉うつむく頬を明るくす 有也
 
                銀杏

 どの句も当日の穏やかな日差しが齎した最良の句達となりました。
久々の吟行に参加して得るものが盛り沢山の都市吟行となりました。

                
スポンサーサイト



最終更新日 : 2024-02-01

Comment







非公開コメント