FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 「都市」の初の一泊吟行を、成功させてくださった光香さんに報告していただきます。
2011-02-20 (Sun) 23:33

「都市」の初の一泊吟行を、成功させてくださった光香さんに報告していただきます。


    湯河原一泊吟行体験記
             
                高木光香


「都市」結社初めての一泊吟行が行われました。
報告したいと思います。

湯河原駅10時半に夕紀先生はじめ
19名が集合しました。

町田からも2時間たらず、湯河原は行きやすい
温泉地だと思いました。

バス15分程で目的地幕山公園です。
雨も上がり梅日和になってきました。

      梅


ひと山が紅、白、薄紅の梅梅梅の梅林です。
遠くに真鶴の海も見えます。
前面は箱根の山々。絶景のロケーションです(^-^)

    相模湾


ホテルお迎えのバスで宿泊先
ウエルシティ湯河原へ向かいました。

正面玄関前は県境。建物は静岡県
入口は神奈川県、皆で大喜びです。

3時からホテル会議室で句会が始まりました。


  湯の町や山にたなびく春霞      葉子

   頬白や足柄の山靄うごく       良  

   谷間に一条流る霞かな        満里

   火の山の名残のありし梅の園     皓


以上が先生の特選に選ばれました。

その他の私達には
「なぜ句がいけなかったのか、
句の何が悪かったのか、よく考えること」
と先生のお話がありました。

私は句会の後はさっぱりと忘れるようにしております。
そうか、よく考えるのか!とあらためて肝に銘じたのでした。

そうこうしているうちに6時から
懇親会が開かれました。

茫子さんからのお祝金でビールとウーロン茶を用意
田鶴さんの音頭で乾杯をしました。

肉あり、魚あり、鍋ありとお料理充実で満腹です。

     
    ご馳走


その後10名程でカラオケルームに繰り出しました。

佐渡情話や・・・ブルース等、
私の耳にはまだ鮮やかに残っています。
それぞれの熱唱で湯河原の夜は燃え上がったのでした。

そもそもこの吟行に至った経過は・・・
2月の吟行当番の希望者がなく
私と梢さんが当番となりました。

それならば、一泊吟行→ 温泉→ 湯河原あたり
と探し始めました。

が個室希望者が多く困っておりましたら
(会議室あり個室OK温泉ホテル)をUさんが
パソコンを駆使し探しだしました。
という曲折を経てこの2月9日を迎えた次第です。
Uさんに感謝、感謝!!

一日目の朝から夜までの内容が濃く一日を記すだけで
こんなにかかってしまいました。
二日目を書く余裕はありません。申し訳ないです。

私としては、念願の温泉に3回も入れて
まったり、ゆったり、温泉を堪能し幸せでした。

梅に始まり梅に終わった 如月の湯河原❤ 
充実した楽しい二日間でした。

ご参加頂いた皆様へ
初めてのことばかりでいたらないことも多く
時間の配分、予定時間などご迷惑をおかけしました。
ここでお詫び申し上げます。
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント