FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 「都市」の皆さんの2010年の自選句です。
2011-03-07 (Mon) 18:08

「都市」の皆さんの2010年の自選句です。

    2010年 [都市」 自選俳句


素潜りの水裏の日も秋めけり
                  中西 夕紀

            障子


蟻地獄土壁の藁浮き上がる
                  砂金 明

百咲いて丘さびしかり節分草
                  井上 田鶴

夏蜜柑炊くわたくしの時間かな
                  岩原 真咲
             眼 真咲


物云わぬ児に寄り添うや桜草
                  大木 満里

七十の朝は光の霜柱 
                  岡崎 康太

秋深きガレ場や北の鳴き兎
                  川合 岳童

銀杏かつ散る大橋ジャンクション
                  川手 人魚

鶏頭刈る赤姫抱きよするごと
                  栗山 心

波乗りの足裏を白くこぎ出せり
                  小林 山荷葉

男一人川の上より咳投げし
                  小林 風

日溜りの新聞眩し風邪心地
                  坂本 遊美
               新聞 遊美


極月の炎の色動く護摩太鼓
                  
                  桜木 七海

嬰の目は天へ真つ直ぐ梅真白
                  酒匂 了太
                梅りょうた


海市よりとびくる鳥の白さかな
                  城中 良

                白 良

冬耕のシャツ一枚となりにけり
                  杉本 奈津子

生涯を名刺を持たず鰯雲
                  高木 光香

木の実落つ一直線の音たてて
                  玉水 牡丹

あの人にこの人に風五月来る
                  永井 詩

                詩 イタリアん

沖縄の陶のシーサー夕焼ける
                  ながた の鯉

魚氷に上るエントリーシートかな
                  野川 美渦

                氷 エントリー

薄氷の船出るやうに動きたり
                  平野 皓

雪晴のふるまひ酒や蔵王堂
                  星野 佐紀


永き日の背骨に首ののりたるよ
                  本多 燐

                狸 燐

父の忌の冬富士凛とそびえたり
                  松井 葉子

青葉雨の並木をゆかん魚となり
                  丸山 桃

願ひごと一つだけして冬ぬくし
                  三森 梢

               赤 梢

一匹の蝉一木の声となり
                  森  有也

声に声釣瓶落しの足場かな
                  盛田 恵未

冬林檎多産の家に生まれ来て 
                  山城 透

                多産 とおる

稲刈って帽子の下の器量よし
                  山本 旦

行く秋の戻り囃子を桟敷席
                  横内 まゆ

                落ち葉 まゆ

良き知らせよく噛みしめて朝寝せり
                  渡辺 友志夫

                朝寝 としお

秋霖や犀の背中の小さき苔
                  渡辺 茫子
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント