FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 今回は心さんが、評判の良い「都市」の表紙の装丁について、書いてくれました。
2012-02-09 (Thu) 22:51

今回は心さんが、評判の良い「都市」の表紙の装丁について、書いてくれました。

        都市の入り口  

                都市編集部 栗山 心


『都市』の創刊号は、2008年の2月号。
今までの俳句雑誌とは一味違う、シンプルでモダンな表紙で、
この世にデビューしました。

数多くの俳句雑誌の中から、必ず手に取ってもらえるように、
との願いを込めて、『都市』編集部では、
毎年個性豊かな新進作家さんを起用。

ザラリとした手触りも心地よい、上質な紙に表紙を印刷された
『都市』は、配送担当者の手で、中身が良く見える
透明のビニール袋に丁寧に入れられ、発送されます。

創刊号から一周年記念号までを担当されたのが
石坂しづかさん。
ヒット小説「食堂かたつむり」など、書籍の装丁や
雑誌のイラストで活躍されるイラストレータ―さん。

        始め


トランクを引いて旅する人の様子が描かれたイラストは
毎号その季節らしい色合いとなって、
『都市』の最初の一年の表紙を飾りました。

2009年4月号からは、芳野さん。
映画『人のセックスを笑うな』では、
劇中のリトグラフ作品+ロバのイラストを担当されています。

          洋服


ちょっとレトロでガーリーなテイストの、ワンピースのイラストは、
今までの俳句雑誌にはなかったものだったので、
当時出店した『文学フリマ』の会場では、
大いに注目されました。

2010年4月号からは、造形作家・びわゆみこさんが担当。
「自転車と大きな木」を描いた、ナチュラルなタッチのイラスト。
「季節のおもしろきを具体的な形にすることが好きです」と、
ご自身のブログのプロフィールにあるように、
思わず深呼吸してしまいたくなるような、爽やかな風を感じる、
心地良い表紙となりました。

               はっぱ




写真が満載の、びわさんのブログもとても素敵なので、
ご紹介しておきます。
「ヒヤシンスポット2」http://hyacinth-pot2.jugem.jp/

2011年4月からは、森本志保さんが担当。
全面に人が出て来る表紙は、『都市』では初めて。

            人



可愛いというより、強烈な個性を持つイラストなので、
最初は馴染めない方もいたようですが、
幅広い年齢層からお褒めの言葉を頂きました。

今年も4月号から、新しい作家さんによる、
新しい表紙をお届け出来るよう、只今準備中。

次回から、跡部裕子さん、という
「もみ紙や布に、にじみ効果をつかって優しい色彩の手法で描く」
というアーティストさんの新作が登場します。

表紙も内容も充実した『都市』にご期待ください。


        影
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント