FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 遅くなりましたが、2011自選句です。
2012-03-18 (Sun) 00:44

遅くなりましたが、2011自選句です。

      2011年自選句



緑さす顔(かんばせ)われに笑みたまふ        中西夕紀
      
      
        主宰
      



冬空に魔除けの目籠立てにけり             秋澤 夏斗

      夏斗



黒揚羽駅へ下りの神楽坂                安藤 風林

      風林


老猫の吾さがしくる放哉忌               井上田鶴

                  tazu.jpg



初潮にゆるぎなき影大鳥居               岩原真咲

     真咲


清流の二つに岐れ曼珠沙華               大木満里

      まり


目つむれば見ゆるものあり春の風            岡崎康太

             IMG_2316.jpg



付かぬ事伺いますが烏瓜                川手人魚

      人魚


逃水や中上健次の齢過ぐ                栗山 心

      kokoro.jpg



花野みち湖の光につきあたる             小林 山荷葉

        sannkayou.jpg



雲上の機は照らされて寒夕焼              坂本 遊美

      遊美


木の芽いま天へ天へと競いをり             酒匂 了太

      りょうた



立待やまた一人来る上甲板              澤田 たつや

          tatuya.jpg




薄氷のうごきだしたるひかりかな            城中 良

      良


本来無一物空に朴白し                 杉本 奈津子 

      奈津子


春寒し被災の民の言清く                鈴木ちひろ
 
      ちひろ



走り根を階段にして風涼し               高木 光香

    koukou.jpg

    

夏蝶の昇りて峡の暮れにけり              高見  悠

       悠


金魚玉ひとりぐらしの真ん中に             田中 翔子

      ショう子


落蝉の夕べ網戸をたたきしか              玉水 牡丹

      ボタン


トンネルトンネルトンネル蜻蛉かな           永井 詩

      詩


友垣の道山茱萸の花の道                野川 美渦

      美渦


とんぼうに気を許す間のありにけり           平野  晧

      晧

 

少年は鉛筆の芯炎天下                  本多 燐         

       燐



雪折れの音一つして静まれり              益山 空

      空


百咲いて百の手のひら花辛夷              松井 葉子

     youko.jpg



東京も海を持つ街浅き春                丸山春流

      春流


冬蝶とは日矢遡る蝶のこと               丸山 桃

        桃


早春や戸を開け放つ杣の家               三森 梢

         梢


胸張つて土偶の女新樹光                森 有也

     有也


丸火鉢土間に置かれて客迎ふ              盛田恵未

      慧未


乾きたる谺二月の射撃場                渡辺 茫子


       ぼうし
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント