FC2ブログ

俳句でおしゃべり-都市ー

「都市」での活動や俳句に繋がる文章や会員のエッセイ等の語り場にしていきたいと思います。

Top Page › 未分類 › 秋に続いて、都市のメンバーの選んだ「春の俳句」です。
2012-03-29 (Thu) 17:45

秋に続いて、都市のメンバーの選んだ「春の俳句」です。

         春の句


山路来て何やらゆかし菫草        松尾芭蕉

             sakura shinn

さまざまの事思ひ出す桜かな       松尾芭蕉

両の手に桃とさくらや草の餅       松尾 芭蕉

春の海終日のたりのたりかな       与謝 蕪村

愁ひつつ岡にのぼれば花いばら      与謝 蕪村

白梅に明くる夜ばかりとなりにけり    与謝 蕪村

雪とけて村いっぱいの子供かな      小林 一茶

故郷やどちらを見ても山笑ふ       正岡子規

あたたかな雨がふるなり枯葎       正岡 子規

雀来て障子に動く花の影         夏目 漱石 

大いなる花の菫に夜明け来し       原 石鼎

方丈の大庇より春の蝶          高野素十

椿落ち椿落ちこころ老いゆくか      三橋 鷹女

山又山山桜又山桜            阿波野青畝

外にも出よふるるばかりに春の月     中村 汀女

永き日のにはとり柵を越えにけり     芝不器男

囀をこぼさじと抱く大樹かな       星野立子

              taijyu.jpg


雛飾りつつふと命惜しきかな       星野立子

女身仏に春剥落のつづきけり       細見 綾子

春の雪青菜をゆでてゐたる間も      細見 綾子  

ちるさくら海あをければうみへちる    高屋 窓秋

遠足の列大丸の中とおる         田川飛旅子

花の中太き一樹は山桜          桂信子

いきいきと三月生まる雲の奥       飯田 龍太

春蘭や男は不意に遺さるる        飯島 晴子

東大寺湯屋の空ゆく落花かな       宇佐美魚目
                         (主宰選)

サフランや映画はきのう人を殺め     宇多喜代子

囀やどれも空向く壜の口         中西 夕紀

               にんじん

にんじんのやうな子が欲し初燕      中西夕紀


スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comment







非公開コメント